スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中性脂肪を食事療法で解消

中性脂肪は、食生活と密接な関係があります。
中性脂肪が過剰に蓄積された状態を、食事療法で改善したり、悪化を防止できます。

中性脂肪値が高くなる原因は、食べ過ぎによる過剰なエネルギー摂取です。

体が消費しきれなかったエネルギーは、肝臓で、脂肪に替えて蓄積します。
その貯蓄量が多くなることで、需要と供給のバランスがくずれます。

食事療法として、まずは中性脂肪を増やさないことです。

脂質が多く、中性脂肪を増やしやすい食べ物を控えます。
バターやクリーム、牛肉などです。
果物、菓子類、ジュースなどの糖質の多いものやアルコール飲料も、中性脂肪を増やします。

次に、中性脂肪を減らすための食事を心がけます。

海藻やきのこ、野菜などは、食物繊維が多く含まれる食物です。
糖質や脂質の吸収を抑制する働きがあります。
その上、中性脂肪や糖質を腸内で吸着して排泄する作用があります。
中性脂肪を減らすのに、効果的です。

動物性の油の使用を控え、植物性の油を使います。
これも、中性脂肪を減らすのに効果的です。

アルコールは、適量を守ります。
●日本酒1合、ビール大瓶1本、ウィスキー水割り3杯など
●週に1~2回飲まない日を設ける
中性脂肪に留意した食生活としては理想的です。

中性脂肪と食事は密接に関係します。
食事を改善すれば、中性脂肪の解消につながります。
中性脂肪の解消には、増やさない方法と減らす方法を、バランスよく実践しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康 - ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。