スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心筋梗塞は、コレステロールが影響を及ぼす疾病です

心筋梗塞は、コレステロールが影響を及ぼす疾病です。

コレステロールが、血液内に過剰にあると、血行が悪くなります。
動脈硬化を起こし、心臓へ大きなダメージを与えます。
動脈硬化は、心臓周辺の血管を脆くさせ、血流を妨げます。

心筋梗塞は、血流が止まることで、心筋細胞を壊死させます。
発作を起こし、心停止することもあります。

心筋梗塞は、最悪の場合、死に至る重病です。

コレステロール値が高いほど、心筋梗塞や狭心症が起こりやすいそうです。
コレステロールが高めの方は、特に注意が必要です。

●悪玉コレステロール(LDL)が高い
●善玉コレステロール(HDL)が低い
●中性脂肪が高い

これらのケースで、心筋梗塞などのリスクが、非常に高いようです。

心筋梗塞の発作を予知するのは、困難です。
「突然おきて、そのまま死亡」 といった急激な症状も考えられます。

普段の生活から、コレステロールのコントロールに注意し、発生のリスクを少なくする努力が必要です。

コレステロールを減らすために、生活に運動を取り入れます。
脂っこい食事や甘い物を避けます。
軽い運動でも息切れするようなら、早めに医師の診察を受けます。

コレステロール値は、知らない間に高くなっているものです。
コレステロールの変動にも注意し、心筋梗塞の発生を未然に防ぐよう、対策をとっておきましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 食と健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。