スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食物繊維がコレステロールを減らします

食物繊維には、コレステロール値を下げる作用があります。

食物繊維には、腸内の老廃物を取り込んで、排出する働きがあります。
この働きは、コレステロールを減らす効果もあります。

コレステロール値が高いなら、食物繊維を。
中でも、水溶性食物繊維を、積極的に摂取するといいでしょう。

腸内には、老廃物と一緒に、コレステロールや糖質などがあります。
これらといっしょに、肝臓で作られる胆汁酸もあります。

この胆汁酸は、コレステロールが元となって生成される物質です。

食物繊維を摂ると、胆汁酸が体外に排出されます。
体は、新たに胆汁酸を作って、バランスを保とうとします。

胆汁酸を作るために、コレステロールをどんどん消費します。
つまり、コレステロールが減少していくということです。

これが、食物繊維がコレステロール値を下げる仕組みです。
コレステロールを減らすには、食物繊維をたっぷり摂るのが効果的です。

食物繊維は、腸をきれいにします。
便秘防止にも効果的です。
コレステロール値の低下とともに、ダイエットも兼ねて取り入れるといいでしょう。

コレステロール値を下げるために、食事制限しているかもしれません。
食物繊維をたっぷり食べると満腹感が出ます。
その分、空腹感が紛れやすくなります。

カロリーも、ほとんど気にする必要がありません。

コレステロールを、上手にコントロールするためにも、
食物繊維が豊富に含まれた、根菜類や海草を、食事に加えるといいでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。