スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高コレステロールが高血圧の原因になる

コレステロールと血圧は、密接に関連しています。

コレステロール値が高いと、高脂血症になりやすくなります。
高コレステロールだと、生活習慣病をわずらいやすくなることも知られています。

生活習慣病には、高血圧も含まれています。
高いコレステロールが、血圧上昇を招く原因であることも判明しています。

コレステロールが高くなると、血管内に溜まります。血管内に溜まったコレステロールによって、血管内部が狭くなります。。そして、血圧が高くなります。
水道のホースをイメージしていただければ、わかりやすいかと思います。

ただ、コレステロールが高血圧に関係する理由は、それだけではありません。

高コレステロールの状態では、血圧を調整する機能が働きます。
血圧が上がりやすくなる、というのは、単に血管が細くなるだけが原因ではなく、生理的な理由もあるようです。

コレステロール値が高いと、腎臓から分泌されるレニンという酵素が活性化します。レニンの作用で、血圧上昇に働くホルモンのアンジオテンシンⅡの分泌が強まります。
その結果、高血圧になるようです。

コレステロールと血圧、両方とも高い場合、高血圧を発症させるリスクが、通常の3.1倍にもなるそうです。

高コレステロール値と高血圧。
ともに、動脈硬化を促進させる要因です。

コレステロール値と高血圧は、密接に関連しています。
コレステロール値が高めの場合、血圧にも注意する必要がありそうです。

コレステロールをうまくコントロールすることが、高血圧、さらには生活習慣病の予防にもつながります。
スポンサーサイト

テーマ : 脱メタボ! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。