スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外食時のコレステロール対策

コレステロールに限ったことではありません。
ダイエットなどでも同じです。

外食では、カロリーコントロールが肝心です。

最近では、カロリー計算できる飲食店も増えています。
それでも、一般的に外食といえば、油や調味料を大量に使います。
肉類が多く、野菜などは不足しがちです。

コレステロール、カロリーコントロールという観点から見ると、焼肉や鍋料理などは要注意です。

焼肉や鍋料理には、肉や魚介類の比重が高い。
肉や魚介類には、コレステロールがたっぷり含まれています。
しかも、多人数で楽しく食べる。

食欲もセーブしにくい。
思わず、食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。
カロリーコントロールなんて、頭の片すみにも残りません。

お勧めは和食です。
コレステロールのことを考えるなら、外食は、和食を中心にするのがいいと思います。

和食では、低カロリーの魚や豆腐がよく使われます。
お浸しや煮物など、野菜類も豊富。

てんぷらやカツ丼などの揚げ物にさえ気をつければ、カロリーを抑えられます。
食物繊維が豊富なメニューを選べば、コレステロールを下げることもできます。

和食といえば、お寿司。

コレステロールを下げる作用を持つDHA。このDHAは、イカや貝、青魚に豊富です。
コレステロールを気にするなら、お寿司は安心して食べることができる料理です。

食後のデザートには注意です。

果物や砂糖が含まれるお菓子。
中性脂肪を増やします。
デザートを別腹と考えず、食事とワンセットでカロリーコントロールしましょう。

お付き合いなどで外食する場合、コレステロールやカロリーを意識してお店を選ぶのは、難しいかもしれません。それでも、外食では、コレステロールを増やさないように工夫してみましょう。

低カロリーで野菜豊富なメニューを選ぶ。
体への負担が少ないメニューを選ぶようにしてみましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 30代の健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。