スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレステロール対策に運動する習慣

健康を維持するのに、運動は不可欠です。
現代人は、慢性的な運動不足。ちょっと運動を続けるだけでも、効果が期待できます。

コレステロールについても、同じことが言えます。
コレステロールを効率的に減らすには、運動が大切です。

適度な運動と正しい食事。

コレステロールの減少にも効果があります。
生活習慣病やメタボリック・シンドロームの予防にも効果的です。

コレステロールをコントロールするための運動。

運動の種類は、有酸素運動です。
ダイエット同様、ウォーキングや水泳などの有酸素運動がいいでしょう。

できれば毎日。それが難しいのなら、週3回以上。
運動する日をスケジュールに入れて、週3回以上の運動を目標に、計画してみましょう。

ダイエットでは有名な有酸素運動。
コレステロール値を下げるのにも、有酸素運動が向いています。

それには、理由があります。

しっかり呼吸しながら体を動かす。
すると、脂質の代謝が良くなります。中性脂肪が下がります。

運動をすると、体内でも、運動がおこります。

最初に、筋肉にあるグリコーゲンが分解されます。
ついで、中性脂肪が分解され、使用されます。

中性脂肪が減ったことで、悪玉コレステロール(LDL)も減ります。
加えて、善玉コレステロール(HDL)が増えていきます。

運動する時間は、1日30分程度。

無理は禁物です。これくらいの時間で、十分に効果があります。
一度にたくさんするより、毎日続けることを重視しましょう。

ただし、
食事前の空腹時や食後、朝起きてすぐは避けたほうがいいようです。

どうしても時間がとれない場合。

エレベーターではなく階段を使ったり。
通勤の際に一駅分だけ歩いたり。

ちょっとしたことですが、これらを続けるだけでも、コレステロールを下げる効果が期待できます。

コレステロール対策は、一定量をこなせば終わり、というものではありません。
運動することを習慣にして、毎日コツコツ続けるほうが、効果が持続するようです。
スポンサーサイト

テーマ : 脱メタボ! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。