スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔軟な食事で、コレステロールをコントロール

コレステロールが少ないなら、コレステロールが含まれる食品を食べる。
コレステロールが多いなら、コレステロールがあまり含まれない食事をする。

コレステロールを正常値に保つためには、食品や調理法に注意しなければなりません。

人間が、一日に必要とするコレステロールは、1~2gだそうです。
そのうち、60~70%は、体内で合成されます。

厚生労働省の設定を見ると。

食事で補給するコレステロールは、300mg。
この量が、一日の適正摂取量のようです。

身体が健康であれば、コレステロール値は一定に保たれます。
カロリーの高い物を食べすぎないようにさえ注意すれば、特に問題はありません。

ただ。

コレステロールは、疲労や加齢、ストレスが蓄積された状態でも、数値が上昇してしまうようです。
状況しだいで、コレステロールを下げる食事に切り替える柔軟さが必要です。

健康を保つためには、栄養バランスのよい食事は欠かせません。

栄養バランスがよくて、油脂が少ない。
ビタミンやミネラルが豊富な食事。
満腹までいかず、腹八分目になるように心がけます。

食物繊維は、コレステロール値を下げることで知られています。
野菜や海草も、積極的に食事に採り入れましょう。

料理油にはオリーブオイルなどの植物性を使います。
善玉コレステロールを増やすのも、食事面でのコツです。

栄養補給に、食事は基本中の基本です。
コレステロールが基準値に保てるよう、食事を柔軟に工夫するのは大切です。
スポンサーサイト

テーマ : 食と健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。