スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人がメタボリックシンドロームになる理由

メタボリックシンドロームは、日本人だけのものではありません
どの国の人にも起こりうるものです。

ただ、その原因は、それぞれ国によって、違いがあるようです。

メタボリックに大きく作用するのが食生活。
日本は戦後50年で、食生活が大きく変化しました。

戦前は、日本の風土で育った、季節の食べ物を食べていました。

戦後、日本の食生活に根づいた、カタカナの食文化(パンやピザ、スパゲッティなど)。
食生活の変化は、日本人の体に変化をもたらしました。

日本人には日本人の。
欧米人には欧米人の。

それぞれの体質に合った食事があります。

体質は日本人のまま。
食事のスタイルだけが、欧米のものに変わってしまった。
体に負担が生じ、現在、日本人はメタボリックの危険にさらされています。

摂っている食事は同じ。

なのに、欧米人は糖尿病や高血圧などの生活習慣病にならず、日本人はメタボリックシンドロームになってしまいます。

これは、欧米化した今の食生活が、日本人の身体に合っていないことを示しているのかもしれません。

日本人に限ったことではありません。
本来食生活とは、その土地で育った物を食べることが一番身体に合った食事です。

日本の食文化の良いところ。

それは、メタボリック対策で重要となる、油の摂り過ぎを防ぐことができること。
動物性脂肪の摂り過ぎを防ぎ、野菜中心の理想的なメニューが揃うことです。

メタボリック対策として、難しいことをしなくても、もしかすると、昔の日本の食文化に戻れば、それだけで、メタボリックの心配は解消されるのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。