スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスの蓄積が、コレステロールを上昇させます

ストレスが、コレステロールを上昇させることがあります。

ストレスは、健康に大きく影響します。
同様に、コレステロールの上昇にも影響します。

仕事や家庭生活で、ストレスが蓄積する。

すると、副腎皮質ホルモンの分泌が活発化します。
副腎皮質ホルモンには、血中の遊離脂肪酸の量を増加させる働きがあります。
この働きが、コレステロール合成を促進させます。

また、ストレスは、自律神経にダメージを与えます。
自律神経失調症を招き、脂質代謝異状による高LDLコレステロール血症を発症させます。

ストレスが増やすのは、コレステロールだけではありません。
ストレスは中性脂肪を増やします。
これが、高脂血症の起因にもなります。

これらは、体内で自然に行われる変化です。
ストレスがコレステロールに影響する仕組みです。

「ストレスの蓄積は、コレステロールに影響します」

だから、ストレスを解消する必要があるわけですが、ストレス解消に選んだ方法によっても、コレステロールを上昇させてしまいます。

ストレスを解消しようとして、食事量を増やしたり、間食したり。深酒したり。タバコの本数が増えることもあるかもしれません。

これらはすべて、コレステロール値をあげてしまいます。
ストレスは解消できるかもしれませんが、違うアプローチでコレステロールの上昇を助けます。

コレステロールをコントロールする。
そのためには、ストレスへの、健康的な対処が不可欠です。

毎日、軽く運動したり、気持ちが安らぐ音楽を聞いたり。
定期的に旅行に出かけて、普段と違う景色でリフレッシュしたり。

健康的な趣味があれば、ストレス解消にも役立ちます。

ストレスは、蓄積すると身体に悪いです。
コレステロールをコントロールするためにも、ストレスとのじょうずなつきあい方を見つけておくといいでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。