スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体質的にコレステロールが高いけど?

体質的にコレステロールが多い。

コレステロール値が遺伝するかどうか。
遺伝するなら、どんなにがんばっても、コレステロールが増えてしまうのか。

気になりますね。

アレルギーや癌などは、遺伝による体質が、発症に大きく作用されます。
どうやら、コレステロールに関わる体質も、遺伝するようです。

「それじゃあしょうがない」
「遺伝するなら、コレステロールのコントロールなんてできない」
って訳でもなさそうです。

コレステロールが増加する一番の原因は、生活習慣です。

タンパク質の多すぎる食生活。
運動不足の毎日。
アルコールやタバコが多い。

健康にダメージを与える生活習慣が、コレステロール増加の原因です。
遺伝があるとはいえ、体質的に増えやすいケースは、全体のおよそ15%ほどだそうです。

両親ともに高脂血症を発症しているなら、注意が必要です。

年が若く、対策をしていてもコレステロール値が改善しない。
原因は、遺伝による体質であることが多いようです。

自分の体質を理解しておいて、損はありません。

高コレステロール血症や高中性脂肪血症にかかりやすい体質であることを理解します。
そのうえで、コレステロールに配慮した生活習慣を身につけます。

食生活の改善や適度な運動。
定期的に、生活習慣病の検査を受ける。

思い立ったときだけやるのって、とても疲れます。
習慣化してしまうのがポイントです。

コレステロールは、遺伝に関係します。
生まれた瞬間から、スタートラインが人それぞれ違います。

とはいえ、生活習慣病は、誰でもかかる可能性のある疾病です。
遺伝だけに左右されるものではありません。

普段からの正しい生活習慣。
健康な、明るい毎日を送ることが、最も大切です。
スポンサーサイト

テーマ : 30代の健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。