スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は、コレステロールは身体には、不可欠な機能があります

コレステロール。
と聞けば、そのイメージは不健康。

「コレステロールなんて、なくてもいいんじゃないの?」
と思ってしまうほどです。

実は、このコレステロール。
身体に不可欠な、たくさんの機能があります。

コレステロールがつくられるのは、主に肝臓。
人間の細胞膜の成分であり、動物の体を維持するには不可欠です。

コレステロールは、細胞膜の柔軟性を保つ役割を持つ。
コレステロール値が下がりすぎると、血管が破裂しやすくなるようです。

身体中のあらゆる組織に存在するコレステロール。
大量に含まれているのは、肝臓・脊髄・脳などの臓器です。

胆汁の生成にも、コレステロールが関係しています。
脂肪の消化を助ける作用を持つ胆汁。
その前物質である胆汁酸は、コレステロールが原料です。

ホルモンもそう。
コレステロールが元となって生成されています。

副腎皮質ホルモンのコルチゾール、性ホルモンのプロゲステロンやエストロゲン。
これらのホルモンの生成にも、コレステロールが必要。

ビタミンA、D、Eなどに代表される脂溶性ビタミン。
その代謝にも、コレステロールが作用します。

コレステロールは、身体が正常な機能を維持するために、重視されています。

コレステロールは、健康被害の面ばかりが強調されてきました。
今は、コレステロールの機能が、詳しく解明されています。

健康な身体には、コレステロールが不可欠です。

コレステロールの値は、高すぎてもダメだし、低すぎてもダメ。
健康診断などでも、「コレステロールの基準値を守る」と指導されています。
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。