スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリック対策に役立つ、コレステロールの基準値

コレステロールは、健康に不可欠です。
コレステロールや中性脂肪のバランスチェックから、生活習慣病対策が始まるとも言えます。

コレステロールを正しく理解するには、標準値を知ることが大切です。
あなたの数値と比べてみてください。

総コレステロールの標準値は、220未満です。
善玉コレステロール(HDL)が40以上、悪玉コレステロール(LDL)は140未満。
中性脂肪150未満です。

比較してみてください。
この数値から大きく外れるようなら、コレステロールの対策が必要です。

コレステロールが多い場合、血液内の脂肪が高い状態です。
高脂血症から動脈硬化、さらには、メタボリック・シンドロームを発症させるリスクが上昇します。
特に、注意が必要です。

ただ、長生きする可能性もあります。

統計的には、長生きする方に、コレステロール値が高い場合が多いそうです。
数値が高いからといっても、必ずしも悲観することはないようです。

とはいえ、正常値に近い方がいいでしょう。
コレステロールの値が高いまま、放置するのはやめましょう。

ちなみに、コレステロール値のチェックに加えて、BMI値も知っておくと生活習慣病対策に役立ちます。BMI値は肥満度の目安です。

身長(m)×身長(m)÷体重(kg)で求められます。
標準は22です。

コレステロールは、HDLとLDL共に、健康に不可欠です。
適正なバランスを保てば、健康体も長く保てます。
コレステロール値に注目しながら、定期検診を受けましょう。

自分のコレステロールの変化をチェックする。
これだけでも、生活習慣病やメタボリックなどの予防に繋がります。
スポンサーサイト

テーマ : ナチュラルスタイル - ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。