スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレステロールって、健康に不可欠なものなんです

コレステロールといえば、不健康なイメージがありますね。
ドロドロ血になるわ。動脈硬化の原因になるわ。

メタボリックにも影響してそう・・・

コレステロールとは、脂質の一種、遊離脂肪酸です。健康維持に、とても重要な働きをする成分です。

コレステロールは、LDLとHDLの、2つのグループにわけられます。

LDL:低比重リポたんぱく質。血清リポたんぱくの主要分画(ぶんかく)の一つで、肝臓で作られたコレステロールを血液を使って運ぶ働きをする。この働きが限度を超えた場合に、動脈硬化の原因となる。低密度リポたんぱく質。

HDL:高比重リポたんぱく質。血液中にあって動脈硬化の原因となる酸化されたLDLコレステロールを取り除き、肝臓へ運ぶ働きをする。高密度リポたんぱく質。

引用:大辞泉



コレステロールの歴史は、200年強です。

コレステロールの成分が単離されたのが1784年です。はじめて純物質として採りだされました。単利とは、混合物から純物質を物理化学的原理に基づいて分離する操作をすることです。

コレステロールという名前に決まったのが、1788年。1913年には、動脈硬化の原因だと判明しました。その後も、コレステロールに関する発見が相次ぎます。

1985年のマイケル・ブラウンやヨセフ・ゴールドスタインの研究により、コレステロール代謝が解明されました。

栄養学の発展に伴い、コレステロールは、生理的観点から体に不可欠な成分であることがわかりました。コレステロールは、体に悪いだけではありませんでした。

体に悪い成分の代名詞的な存在であったコレステロール。
もう過去のイメージです。

コレステロールには、細胞膜を安定させる働きがあります。
多くのホルモンの原料にもなる物質です。
脂質性ビタミンの、ビタミンDの生成にも関連しています。

コレステロールが血管に張りついたり、酸化したりすれば、動脈硬化の原因になります。が、それでもコレステロールは、体を正しく機能させる大切な成分です。

重要なのは、コントロールです。

健康のためには、コレステロールを基準値に近い状態に保つこと。
適切な食事や運動で、コレステロールをコントロールすることが大切です。


コレスケア ネオ150g*30缶 [コレステロールが気になる方へ]コレスケア ネオ150g*30缶 [コレステロールが気になる方へ]
()
大正製薬

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 食と健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。