スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテキンを、ゴクゴク飲んで、メタボ予防

カテキンは、緑茶の渋み成分です。
このカテキン。メタボリック予防の一環として、医療関係者らに注目されています。

メタボリック対策のひとつに、メタボ健診があります。

メタボ健診の最終的な目的は、内臓脂肪を減らすこと。内臓脂肪が、生活習慣病の危険因子のひとつだからです。

生活習慣病には、複数の疾患が重なる、という特徴があります。放置しておくと、生命に危険な状態になります。メタボ健診は、内臓脂肪を減らすことで、生活習慣病の危険因子をなくそうという試みです。

メタボ健診は、メタボリックを解消する上で、重要な健診。ですが、まだです。メタボ健診を受けただけでは、まだ安心できません。

運動や食事。

生活習慣の改善が大切です。
特に、運動を始めることは、メタボリック解消に効果的です。

メタボリック対策の効果として、運動と並んで注目されているのが、機能性食品素材の活用です。機能性食品素材の1つが、緑茶に含まれているカテキン。メタボリック予防として、注目されている成分です。

■ コレステロールの体内への吸収を抑制したり、
■ 血液中のLDLコレステロール値を下げたり、
■ 食後の血中中性脂肪の上昇を抑えたり。

メタボリック解消に、効果的な働きをすることが認められています。

では、淹れ方です。カテキンをたっぷり含んだ、健康的な緑茶の淹れ方には、コツがあります。

高温のお湯で、時間を長めに、淹れます。

メタボリック予防やコレステロールの低下に効果が期待されるカテキン。高温のお湯で、時間を長めに淹れると、カテキンがたくさん出るそうです。

その他にも、じっくりと淹れた緑茶には、テアニンが多く含まれます。
テアニンとは、緑茶のうま味成分です。神経を保護し、認知症予防への働きも、効果が期待されています。

緑茶は、メタボリックの予防に、お試しいただきたいお茶です。淹れ方によって、味や成分が変わります。あなたのお口に合わせて、いろいろ試してみると面白いかもしれません。コツは、高温のお湯で長時間、です。

できれば、健康のためには、1日に何回も飲むことが望ましいようです。水筒に、緑茶を入れて、ウォーキング。なんていうのも、すごく健康的な気がしますね。

緑茶をたくさん飲む地域の方は、メタボリック、胃がんや胃潰瘍などの病気の発生率が、一般の地域に比べて低いのだそうです。

「緑茶のおかげだ!」って言い切っていいものか?

よくわかりませんが、少なくとも、
「緑茶をたくさん飲んだから病気になった」とはイメージしにくいですね。

コツは、高温のお湯で長時間、です。

緑茶カテキンのご注文は、コチラでどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ : 健康で過ごすために - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。