スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドロームって?

メタボリックシンドロームのことを、単なる肥満だと理解している人はたくさんいます。
ですが、メタボリックシンドロームは、単なる肥満ではありません。

メタボリックは代謝。そして、シンドロームは症候群、という意味です。

何らかの事情で身体の中で代謝がうまくいかず、代謝異常が原因で、いろいろな病気になってしまう可能性がある状態のことを示しています。

メタボリックシンドロームとは、メタボリックシンドロームという名前の病気があるのではなく、内臓脂肪型肥満・高血圧・高血糖・高脂血症が重なって症状として現れる、状態を言います。

その原因が代謝異常、つまりメタボリックの異常が引き起こしているということから、それらを総称してメタボリックシンドロームと呼ばれています。

メタボリックシンドロームによって引き起こされる病気は、生活習慣病と言われ、TVや雑誌などでも、頻繁に取り上げられています。

では、なぜメタボリックシンドロームがこんなに注目を集めたのでしょうか?

日本人は元々農耕民族。
肥満とは縁のない人種のはずでした。

しかし、近年の食の欧米化やストレスの増加、運動不足から、メタボリックシンドロームに陥っている、またはメタボリック予備軍が増加しているからです。

日本の死亡率の上位を占める、がん・心疾患(心筋梗塞・狭心症など)・脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など)。

これらを引き起こすのが、代謝異常(メタボリック)を原因とする内臓脂肪型肥満だと言われていることから、メタボリック対策に政府も力を入れているようです。
スポンサーサイト

テーマ : メタボリック - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。