スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックとbmi(肥満度)基準計算法

メタボリックシンドロームで一番重要なこと。
それは、肥満にならないこと。

「そんなことは、重々承知」

だと思いますが、
そもそも、肥満の基準になる体重は、どのように決まるのでしょうか?

メタボリック診断で、肥満度を測定するのは、おなか周りのサイズです。
ウエストのくびれ部分ではなく、へその位置で測定します。

体重と身長から肥満指数(bmi)を導き出し、肥満度を知ることができます。

肥満指数の計算式は、
体重(kg)÷ { 身長(m)× 身長(m)} = bmi(肥満度)。

この公式によって出された数値が、25を超えた場合、肥満と判断されます。

もし、この計算から出た数値が25を超える場合、早急に、メタボリックシンドロームの健診を受け、合併症の有無を検査することをお勧めします。

bmi指数が25を超えたからといって、即メタボリックだとは診断できません。

ですが、肥満が糖尿病や高脂血症、高血圧などの病気を引き起こす原因の一つになることがわかっている以上、bmi25を超えたら、メタボ健診を受診しましょう。

bmi指数25は、メタボリックを心配する一つの基準です。

25を超えた後にも、肥満度1から4までの4つの段階があります。肥満度が1から4に上がるにつれ、メタボリックの心配が増えます。

メタボリックの危険が生じるbmi25~30未満は「肥満度1」、30~35が「肥満度2」、35~40が「肥満度3」、40以上を「肥満度4」です。

肥満指数の計算式は、体重と身長から計算する単純なものです。
計算自体は、だれでも簡単にできます。

この計算式は、メタボリックの早期発見とメタボリック対策の早期実行を目的としたものです。計算だけして、メタボリック健診に行かないのでは意味がありません。

なので、bmiが基準値を超えた場合だけに限らず、計算結果に不安が残る場合は、まずはメタボリック健診を受診するといいでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 糖質制限食 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。