スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックとBMI(肥満度)測定法

メタボリックシンドロームで一番重要なこと。
それは肥満に陥らないことです。

そんなことは重々承知していることと思います。

が、そもそも、その肥満。
基準となる体重は、どのように決まっているのでしょうか?

メタボリック診断で、肥満度を測定する場合、
おなか周りのサイズ(といっても、くびれ部分ではなく、へその位置で測定)で、体重と身長から肥満指数を導き出し、肥満度を知ることができます。

肥満指数の計算式は、体重(kg)÷ { 身長(m)× 身長(m)}= BMI(肥満度)。
この公式によって出された数値が25を超える場合、肥満だということです。

計算の結果、出た数値が25を超えた場合、病院などで、本格的なメタボリックシンドロームの健診を受け、合併症がないか調べてみることをお勧めします。

BMI指数が25を超えたら肥満です。
が、だからといって、即メタボリックだとは、診断できません。

とはいえ、肥満が糖尿病・高脂血症・高血圧などの病気を引き起こす原因の一つになることがわかっている以上、BMI25を超えたら、確認のためにも、一度メタボ健診をしておく方が無難です。

BMI指数25は、メタボリックをチェックするための、一つの基準です。

25を超えた場合、肥満です。
その肥満度には、1から4まで、4つの段階があります。

肥満度が1から4に上がるにつれ、メタボリックの可能性が高くなり、心配が増していくと言えます。

メタボリックの危険が生じるBMI25~30未満は「肥満度1」、30~35が「肥満度2」、35~40が「肥満度3」、40以上を「肥満度4」です。

肥満指数の計算式は、身長と体重で計算する簡単なものですが、1つの目安にはなります。BMIが25を超えたときは、まずはメタボリック健診を受けてみましょう。

検診の結果がメタボリックでなければ安心できるし、メタボリックと診断された場合でも、メタボリック対策を早期に実行することができるからです。

ただし、メタボ健診の結果、メタボリックではなかったとしても、25を切る努力は必要です。
スポンサーサイト

テーマ : きれいになりたい! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : メタボリック 健診

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。