スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックと危険因子の危ない関係

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に生活習慣病が合体している状態です。

生活習慣病が重なる数によって、命にかかわるような重大な病気にかかる確率がグンと高くなります。

メタボリックドミノ】という言葉をご存知ですか?

メタボリックになってしまった。
なのに、生活習慣を見直さない。メタボリックの改善に、何の対策もしない。

そのまま突き進むと、次々と重大な病気にかかってしまいます。まるで、ドミノが次々と倒れていくように、です。そして、行き着く先は、死です。

メタボリックドミノ。
呼び名のカッコいい響きとは裏腹に、かなり恐ろしい状態を意味します。

肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症。
この4つが危険因子です。

心疾患を発症する危険度で言えば、危険因子のうち、危険因子を持っていない人を1とすれば、危険因子を1つ持っている人は、5です。もっていない人の5倍も危険度が増えます。

メタボリックと言うだけでも、心疾患になる確率が格段に高くなります。

そのメタボリックに、危険因子が1つ加わって、危険因子が2つになると、心疾患になる確率は5.8倍に上がり、3つ以上重なると、心疾患になる危険が、なんと35.8倍にまで跳ね上がってしまうそうです。

危険因子が1つ増えるたびに、ドミノがゴールに向かって、ドンドン加速していきます。

この4つの危険因子(肥満・糖尿病・高血圧・高脂血症)の怖いところは、どれも、自覚症状がでにくい症状だというところです。

自覚症状が出にくいだけに、体の異変に気づかないまま、間違った生活習慣を続けてしまうこともあります。メタボリックシンドロームと診断されて初めて、高血圧や糖尿病、高脂血症だとわかる人も多いようです。

メタボリックは、それだけでも危険です。

メタボリックだけでも危険なんですが、メタボリックが他の危険因子と合わさったとき、その危険度は、一気に高まります。

メタボリックと他の危険因子の悪影響を考えると、たとえメタボリック健診で何もなかったとしても、今のうちから、生活習慣を見直しておくといいでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 心身ともに美しく健康に - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : メタボリック 危険因子

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。