スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックと動脈硬化

メタボリックシンドロームと動脈硬化。
この2つが合わさったとき、身体の中は、かなり危険な状態です。

そもそも、メタボリックだということは、体が動脈硬化を促進させてしまう状態にあるということです。

さらに症状が進めば、虚血(血液がスムーズに流れなくなってしまう状態)が起こり、それが心臓や脳に悪影響を及ぼします。

心臓であれば心筋梗塞、脳であれば脳梗塞、といった重大な病気になってしまいます。

動脈硬化の恐ろしいところは、自分が動脈硬化だという自覚症状がないことです。気付かないうちに症状がどんどん進んでしまうことです。

これがメタボリックシンドロームになっている身体だと、さらに進行が早くなります。

メタボリックと合わさると、一層悪影響を及ぼす動脈硬化。

これを防ぐためには、血管年齢を若いまま保てるように、血液をサラサラにする努力をしなければなりません。

動脈硬化は家族歴に関係があるというように、遺伝が原因であることもあります。しかし、ほとんどの場合、メタボリック同様、日常の生活習慣が、原因として大きく作用しているようです。

動脈硬化を進行させるものは、喫煙や高血圧、糖尿病、高脂血症など。
これらはみな、血管に過剰な負担を強いる危険因子です。

メタボリック対策として血管年齢を下げる努力(危険因子の排除)をする必要があります。

動脈硬化は、誰でも20歳位を境にして始まっていると言われています。
メタボリック健診を受ける年齢になったら、メタボリックといっしょに、動脈硬化についても調べておくとよいでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 脱・メタボ宣言! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。