スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックと睡眠障害の危険な関係

メタボリックと睡眠障害・・・

メタボリックと睡眠障害。一見しただけでは、なんの関係もなさそうに感じます。
でも実は、メタボリックシンドロームと睡眠障害は、密接な関係にあります。

メタボリックは、肥満の問題。
だから、メタボリックと睡眠が密接な関係があると思っている人は少ないかもしれません。

しかし、
睡眠をおろそかにすると、メタボリックに重大な悪影響を与えることが判明しています。

メタボリックが睡眠時無呼吸症候群を起こす原因となっている、
ということは良く知られている事実です。

メタボリックが睡眠時無呼吸症候群の原因になり、睡眠時無呼吸症候群によって睡眠時間が削られれば、それがまた肥満につながります。

メタボリックと睡眠障害は、悪循環の関係にあると言えます。

が、
それだけではありません。

メタボリックの診断に重要な、生活習慣病である高血圧の人。
その40%は不眠症。30%は睡眠時無呼吸症候群だというデータがあります。

また、
糖尿病にかかっている人の60%が不眠状態にあるそうです。

さらに、寝不足は血糖を上げ、動脈硬化を促進させ、食欲コントロールを不能にし、ストレスがかかった状態が長く続くなど、メタボリックシンドロームをどんどん引き寄せてしまいます。

メタボリック対策として、よく話題になるのが、バランスの良い食事と適度な運動。もちろん、メタボリック対策として重要な要素です。が、これに「十分な睡眠」をぜひ加えましょう。

睡眠不足を改善する。

適度な睡眠をとるだけで、メタボリックシンドロームを引き起こす生活習慣を、ひとつ改善することにつながります。

運動不足の解消がどうしてもうまくいかなかったり、仕事の関係などでバランスのよい食事が難しい場合でも、メタボリックが気になっている人は、一度、自分の睡眠状況に目を向けてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 快眠・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 睡眠障害 睡眠時無呼吸症候群 睡眠不足 運動不足

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。