スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックと心疾患

メタボリックシンドロームになった人が起こしやすい疾患の1つが、心疾患です。
心疾患とは、メタボリックシンドロームと密接につながっている三大生活習慣病のうち、二番目にあげられる疾患です。

血液の流れに不具合が生じる。
この不具合によって、冠状動脈がふさがって引き起こされる心臓の病気のことです。

心筋梗塞や狭心症などが心疾患です。
現在、日本人の死亡率の第2位にあげられています。

そこで、この心疾患を引き起こす原因となっている、メタボリックを改善する対策が考えられています。

メタボリックとは、本来は代謝という意味。

そこから、代謝がうまくいかないことから生じる内臓脂肪型肥満。
これがメタボリックとよばれるようになりました。

そして、内臓脂肪型肥満が原因で引き起こされる病気を、総称してメタボリックシンドロームとよばれています。

そのメタボリック(内臓脂肪型肥満)は、心疾患に強い影響を与えます。

心疾患が人の死に直結していることから、この心疾患を防ぐために、その原因である内臓脂肪を落とすことが予防の第一歩と考えられています。

心疾患を防ぐには、心臓に流れる血液の循環を良くすること。
そして、血管を正常な状態に近づけることが必要です。

これらは、メタボリックの改善にもつながります。

メタボリックの原因となっているコレステロール。
このコレステロールを血管内に留めないようにする。そして、血流をスムーズにすることが、結果として心疾患を防ぐことにもなります。
スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。