スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックで高血圧が加速する

メタボリックシンドロームの合併症の1つに高血圧があります。

血圧とは心臓から送られた血液が血管の内側の壁を押すときにかかる圧力のこと。この血圧。高いままの状態が長く続くと、血管の弾力がなくなり、血管の壁が厚く硬くなってしまいます。

その状態に、メタボリックによるコレステロールが加わることで、さらに血管に悪影響を与えてしまうのです。

特に、大切な血管(大動脈や脳動脈)ほど高血圧の影響を受けやすいので、高血圧の原因となるメタボリックには十分に気をつけなければなりません。

動脈硬化は、心疾患・脳血管疾患の原因になります。
メタボリックによる内臓脂肪がそれに拍車をかけることがわかっています。

メタボリックシンドロームは、メタボ健診が40歳からであるように、40歳ころから気になるものです。ですが、動脈硬化はそうではありません。10代の頃から、すでに始まっていることもあります。

若い頃からの食生活が影響し、高脂血症になると、血中のコレステロールが動脈を痛めつけます。メタボリックシンドロームと診断される頃には、もう、かなり血管が弱っている可能性もあります。

メタボリックは中年層が気にするだけではありません。

若い頃からの生活習慣が後々になって影響が出てくることを自覚して、若い頃から意識して生活しておく必要があります。

若い頃の食生活が、後々のメタボリックに大きく影響します。
若いうちからメタボリックを予防する。
それには当然、親の協力と理解も重要になってきます。
スポンサーサイト

テーマ : 絶対やせる宣言! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。