スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生労働省のメタボリックシンドローム予防対策

メタボリックシンドロームの予防対策に乗り出した厚生労働省。生活習慣病の予防に対して、国民の意識を向けてもらおうと様々な取り組みをしています。

日本は世界の中では長寿国と言われています。
が、安心はできないようです。

がん・脳卒中・心疾患・糖尿病などの生活習慣病が増え、メタボリックシンドロームが急増しているという事実もあります。

メタボリックの原因となる生活習慣病。
自覚症状がなく、体内で密かに病気が進行し、突然病気を発症してしまうこともあります。

厚生労働省は、メタボリックシンドロームが、日本の3大死亡原因であるがん、脳卒中、心疾患に深くかかわっていることを懸念。

国民に健康について考えてもらうために「健康日本21」という運動を展開しました。

健康日本21とは、毎月21日に健康に役立つ行動をし、それを仲間に広めていくという試みです。食事に関することや、運動不足の解消、ストレス解消法などで、身も心も健康になっていくという考えです。

この健康日本21の内容には、
メタボリックの予防対策に役立つものがたくさんあります。

メタボリックの予防対策を一人で続けていくのは、とても難しいものです。
家族や周りの仲間と共に取り組んだ方が効果的ですし、長続きします。

健康日本21が勧める、仲間でする健康管理の考え方は、メタボリック打開に向けてのよいきっかけになるだろう。
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 健康日本21 予防対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。