スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックが脳血管疾患の原因になる

メタボリックは様々な疾患を引き起こします。
脳血管疾患も、メタボリックが引き起こす深刻な疾患のひとつです。

脳血管疾患とは、脳梗塞や脳出血などのことを言います。
脳内血管の異状が原因で引き起こされる、死に直結する病です。

これも、メタボリックが原因になっている場合が多いそうです。

一見、関係がなさそうなメタボリックと脳血管疾患。
メタボリックが脳内の血管にどのように作用しているのでしょうか?

脳梗塞とは、脳内の血管が詰まって血栓ができる、これが原因で、血液が滞ってしまう病気です。また、脳出血とは、脳内血管壁が弱くなって破れ、血液が脳内に広がってしまう病気です。

どちらの疾患も、脳細胞を壊し、直接、命にかかわる病気です。
これらが、メタボリックを原因として引き起こされていることが多いのです。

メタボリックシンドロームと診断された人の体内には、内臓脂肪がたくさんついています。その脂肪の中のコレステロールが、脳に悪影響を与えます。

メタボリックを語る際に、コレステロールを欠かすことはできません。そのコレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。

中でも、動脈硬化を引き起こす原因物質を、総称して、悪玉コレステロールと言います。

メタボリックと診断された体は、高コレステロールの状態になっています。血管内に流れる血液も同様に、高コレステロールの状態になっています。

メタボリックの人の血管内を流れる血液中のコレステロール。これが血管壁にとどまったとき、それを掃除しようと集まったマクロファージも留まってしまいます。

このマクロファージが血管を弱くします。

この現象が脳血管でおこったとき、脳血管疾患の危険が生じてしまいます。
スポンサーサイト

テーマ : 美と健康! - ジャンル : 心と身体

TAG : 脳血管疾患

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。