スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠れメタボリックの体型はリンゴ型?

隠れ肥満という言葉を聞いたことがありますか?
見た目はそんなに肥満に見えないけど、実は肥満でした。そんな感じです。

ここでは、隠れメタボリックについて考えてみます。

隠れメタボリックとは、要するに【隠れ内臓脂肪型肥満】のことです。
隠れ内臓脂肪型肥満は、皮下脂肪による肥満と比べて、見た目に違いがあります。メタボリックである内臓脂肪型肥満は、リンゴ型というタイプに分類されます。

メタボリックの肥満は、内臓についています。

内臓についている肥満ですから、一見痩せていても、おなかだけがポッコリ出てしまっているように見えるのが、隠れメタボリックの特徴です。体重にかかわらず、です。

リンゴ型の体型にプラスして、中性脂肪や血圧、血糖値の値が高いようなら、メタボリックを疑ったほうがいいでしょう。

メタボリックシンドロームのチェックは、へそ周りを測定します。
この測定で、まず肥満かどうかを調べます。

よくある間違いが、お腹の測定をウエストだと考えて、一番細いところを測ってしまうことです。これは、【へそまわり】と決められているので、間違えないように測定しましょう。

へそまわりを測ってみて、基準値(男性85cm・女性90cm)に満たなくても、リンゴ型か洋ナシ型のうちリンゴ型だと感じたら、念のため、メタボリック健診を受けてみるか、内臓脂肪を落とす対策をとることをおすすめします。

簡単なメタボリック対策としては、

■歩く機会をなるべく増やす。
■間食をひかえる。
■バランスの良い食事の摂取する。
■食事量をコントロールする(おなかいっぱい食べない)。

など、普通といえば普通のことですが、メタボリックの人にとっては、日々の努力が必要となる作業です。当たり前のことが難しい、できていないからこそ、メタボリックシンドロームが多いのが、現状です。

結局のところ、メタボリック対策の一番の方法は、当たり前の日常をする努力ということですね。
スポンサーサイト

テーマ : 健康で過ごすために - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。