スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠時無呼吸症候群とメタボリック

メタボリック(内臓脂肪型肥満)が原因で引き起こされる合併症。
その症状は様々です。

とはいえ、
ダイエットをして、メタボリックを解消しさえすれば、これらの合併症を予防することができます。

メタボリックが原因で引き起こされる、生命に危険な合併症。

身近なものでは、睡眠時無呼吸症候群、糖尿病や高血圧、痛風や心疾患、脳血管疾患、脂肪肝などの病気があがります。

どれも、一般的によく聞く、有名な病気です。
一度は耳にしたことのある病名ではないでしょうか?

これらの合併症は、メタボリック対策をして、内臓脂肪型肥満を解消すれば、かなり予防することができます。

睡眠時無呼吸症候群になる原因は、メタボリックの他にも複数あります。

メタボリックが、睡眠時無呼吸症候群の原因になるメカニズムは・・・

まず、肥満によって、首周りについた脂肪が気道を塞ぎます。
これが原因で、睡眠時に正常な呼吸ができなくなり、日中に様々な症状が現れてしまうという流れです。

本人はしっかりと寝ているつもりです。睡眠時間もしっかりとっています。

ですが、実際にはあまり寝ていません。
いくら寝ても疲れが取れなかったり、日中に強い眠気が襲い、日常生活に支障が出てきます。

睡眠時間はしっかりとっている。なのに、前の日の疲れが、ぜんぜんとれない。日中も、なんとなく眠気を感じる。

メタボリックの疑いがあって、こんな症状が出るなら、睡眠時無呼吸症候群を疑ったほうがいいかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群は、メタボリックシンドロームを引き起こす生活習慣病と強い関係があると言われています。

高血圧や糖尿病、高脂血症の原因になるとか、逆に高血圧・糖尿病・高脂血症の人が睡眠時無呼吸症候群に陥っていることも多いことが判明しています。

メタボリックだけが、睡眠時無呼吸症候群の唯一の原因とはいえません。ですが、メタボリックを解消すれば、睡眠時無呼吸症候群も予防することができます。

さらに、生活習慣病の危険からも回避することができるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 睡眠時無呼吸症候群

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。