スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供なのにメタボリックでは悲しいです

「子供の頃からコレステロールの心配をするなんて・・・」
不思議に思う方が多いかもしれません。

最近は、子供の肥満、つまり子供のメタボリックが増えてきているのが現状です。もう、メタボリックを気にするのは、中高年だけではありません。

肥満プラス高脂血症と診断されれば、メタボリックシンドロームの基準に該当します。メタボリックシンドロームになった、と言うことです。

最近は、子供の高脂血症が増加しています。

驚くことに、日本の血清脂質値は、アメリカの子供より上回っているというデータがあります。実は、日本には、メタボリック予備軍の子供がたくさんいるということです。

血清脂質値が高くなると動脈硬化が進んでしまいます。

これもメタボリックシンドロームからくる、脳梗塞や大動脈瘤、心筋梗塞、狭心症、腎臓障害などの重篤な病気につながる恐れがあります。

子供のメタボリックの原因は、そのほとんどが食事によるものです。

■肉などの動物性脂肪の摂り過ぎ
■アイスやチョコレートに含まれる飽和脂肪酸の摂り過ぎ
■ジュースなど糖分の摂り過ぎ

原因のキーワードは、【採り過ぎ】です。
すべて、子供の体に合わない量を摂取することが、メタボリックになる最大の原因です。

原因がわかれば、その対策も見えてきます。
子供のメタボリックは、親が気をつければ大体は防ぐことができます。

子供は可愛いものです。できるだけ自由にさせてあげたいのも親心です。ですが、子供が可愛いからこそ、メタボリックの危険性から回避させてあげてください。

我が子かわいさに、おいしいお菓子を与えるのか。それとも、
厳しくも健康で丈夫な体をつくる、体によいものを与えるのか。

子供のメタボリックは、親の希望にかかっているといえます。
我が子をメタボリックにしないために、正しい子供の食育に力を入れたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 小学生の子育て♪ - ジャンル : 育児

TAG : 子供 食育 肥満

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。