スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックと心疾患

メタボリックシンドロームになった人が起こしやすい疾患の1つが、心疾患です。
心疾患とは、メタボリックシンドロームと密接につながっている三大生活習慣病のうち、二番目にあげられる疾患です。

血液の流れに不具合が生じる。
この不具合によって、冠状動脈がふさがって引き起こされる心臓の病気のことです。

心筋梗塞や狭心症などが心疾患です。
現在、日本人の死亡率の第2位にあげられています。

そこで、この心疾患を引き起こす原因となっている、メタボリックを改善する対策が考えられています。

メタボリックとは、本来は代謝という意味。

そこから、代謝がうまくいかないことから生じる内臓脂肪型肥満。
これがメタボリックとよばれるようになりました。

そして、内臓脂肪型肥満が原因で引き起こされる病気を、総称してメタボリックシンドロームとよばれています。

そのメタボリック(内臓脂肪型肥満)は、心疾患に強い影響を与えます。

心疾患が人の死に直結していることから、この心疾患を防ぐために、その原因である内臓脂肪を落とすことが予防の第一歩と考えられています。

心疾患を防ぐには、心臓に流れる血液の循環を良くすること。
そして、血管を正常な状態に近づけることが必要です。

これらは、メタボリックの改善にもつながります。

メタボリックの原因となっているコレステロール。
このコレステロールを血管内に留めないようにする。そして、血流をスムーズにすることが、結果として心疾患を防ぐことにもなります。
スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

メタボリックにならないための生活習慣

メタボリックの一番の原因。
それは、生活習慣です。

メタボリックにならないためには、普段どんなことに気をつけて生活すれば良いのでしょうか?

メタボリックとは、内臓に脂肪が滞り、肥満状態になっていることを言います。
これは、日ごろの生活習慣の乱れが招いている結果のようです。

メタボリックにならない、つまり内臓脂肪型肥満にならないためには、日ごろの生活習慣を見直す必要があります。

実は、うれしいことに、内臓脂肪は落としやすい脂肪です。
なので、心がけ一つでメタボリックの解消に近づくことができます。

だれも、好き好んで、
メタボリックシンドロームの仲間入りをしているわけではありません。

メタボリックに陥っている多くの人がそうであるように、

■無意識のうちに食べ過ぎていたり、
■運動する機会があまりなかったり、

知らず知らず、内臓脂肪を溜める生活を送っていたのではないでしょうか。

メタボリックになっている人、メタボリックになってしまいそうな人。
食生活と運動習慣を身につける必要があります。

運動に関しては、厚生労働省が「健康づくりのための運動指針2006」という1週間のエクササイズの目安を設けています。この目安に沿って、実践してみるといいでしょう。

さらに、メタボリックシンドロームに関心がある人は、「内臓脂肪減少シート」を使うといいでしょう。
このシートを使えば、あなたに合った内臓脂肪減少プログラムを作ることができます。

早くメタボリックを解消したいと願う場合は、「急いでがんばるコース」を。
じっくりと内臓脂肪を落としたい場合には、「確実にじっくりコース」を。

メタボリックの主な原因が生活習慣ですから、あなたの環境に合わせて、長く続けられそうなコースを選択するといいでしょう。

テーマ : からだにいいもの - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。