スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中性脂肪を食事療法で解消

中性脂肪は、食生活と密接な関係があります。
中性脂肪が過剰に蓄積された状態を、食事療法で改善したり、悪化を防止できます。

中性脂肪値が高くなる原因は、食べ過ぎによる過剰なエネルギー摂取です。

体が消費しきれなかったエネルギーは、肝臓で、脂肪に替えて蓄積します。
その貯蓄量が多くなることで、需要と供給のバランスがくずれます。

食事療法として、まずは中性脂肪を増やさないことです。

脂質が多く、中性脂肪を増やしやすい食べ物を控えます。
バターやクリーム、牛肉などです。
果物、菓子類、ジュースなどの糖質の多いものやアルコール飲料も、中性脂肪を増やします。

次に、中性脂肪を減らすための食事を心がけます。

海藻やきのこ、野菜などは、食物繊維が多く含まれる食物です。
糖質や脂質の吸収を抑制する働きがあります。
その上、中性脂肪や糖質を腸内で吸着して排泄する作用があります。
中性脂肪を減らすのに、効果的です。

動物性の油の使用を控え、植物性の油を使います。
これも、中性脂肪を減らすのに効果的です。

アルコールは、適量を守ります。
●日本酒1合、ビール大瓶1本、ウィスキー水割り3杯など
●週に1~2回飲まない日を設ける
中性脂肪に留意した食生活としては理想的です。

中性脂肪と食事は密接に関係します。
食事を改善すれば、中性脂肪の解消につながります。
中性脂肪の解消には、増やさない方法と減らす方法を、バランスよく実践しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康 - ジャンル : ライフ

中性脂肪は、軽視できません

中性脂肪とは、血液中の脂質と呼ばれるものの一つです。

中性脂肪は、エネルギー源となって体温を一定に保ちます。
内臓を外部の衝撃から守る役割もします。
人間が生きていくうえで、欠かせない物質です。

中性脂肪は、一定数で存在している必要があります。
中性脂肪が異常に増加した場合、肥満の要因になります。
生活習慣病の原因にもなります。

中性脂肪の増加は、善玉コレステロールを減少させます。

その結果、悪玉コレステロールが力を増大。
超悪玉コレステロールに変化させます。

中性脂肪が多い状態が長く続くと、
コレステロールが血管壁に沈着し、粥状動脈硬化を引き起こします。
同時に、血液を固まりやすくする作用も働きます。

中性脂肪値が高い場合。

●高脂血症や糖尿病
●喫煙や過度の飲酒、ストレス

などの危険因子を併せ持つことで、
脳梗塞や心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症などを発症します。
場合によっては、死に至るケースもあります。

中性脂肪値が高い。
という点以外、ハッキリした自覚症状があるわけではありません。
知らない間に、病気が進行していることも多いようです。

日本の死因の上位を占める、脳梗塞や心筋梗塞。
中性脂肪の過剰な増加は、これらの原因となる動脈硬化を引き起こします。
結果として、命を落とす危険にさらされることにもなりかねません。

検査などで、中性脂肪値が高かったら、軽視して放置せず、適切に改善する努力が必要です。

テーマ : 脱メタボ! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

心筋梗塞は、コレステロールが影響を及ぼす疾病です

心筋梗塞は、コレステロールが影響を及ぼす疾病です。

コレステロールが、血液内に過剰にあると、血行が悪くなります。
動脈硬化を起こし、心臓へ大きなダメージを与えます。
動脈硬化は、心臓周辺の血管を脆くさせ、血流を妨げます。

心筋梗塞は、血流が止まることで、心筋細胞を壊死させます。
発作を起こし、心停止することもあります。

心筋梗塞は、最悪の場合、死に至る重病です。

コレステロール値が高いほど、心筋梗塞や狭心症が起こりやすいそうです。
コレステロールが高めの方は、特に注意が必要です。

●悪玉コレステロール(LDL)が高い
●善玉コレステロール(HDL)が低い
●中性脂肪が高い

これらのケースで、心筋梗塞などのリスクが、非常に高いようです。

心筋梗塞の発作を予知するのは、困難です。
「突然おきて、そのまま死亡」 といった急激な症状も考えられます。

普段の生活から、コレステロールのコントロールに注意し、発生のリスクを少なくする努力が必要です。

コレステロールを減らすために、生活に運動を取り入れます。
脂っこい食事や甘い物を避けます。
軽い運動でも息切れするようなら、早めに医師の診察を受けます。

コレステロール値は、知らない間に高くなっているものです。
コレステロールの変動にも注意し、心筋梗塞の発生を未然に防ぐよう、対策をとっておきましょう。

テーマ : 食と健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

食物繊維がコレステロールを減らします

食物繊維には、コレステロール値を下げる作用があります。

食物繊維には、腸内の老廃物を取り込んで、排出する働きがあります。
この働きは、コレステロールを減らす効果もあります。

コレステロール値が高いなら、食物繊維を。
中でも、水溶性食物繊維を、積極的に摂取するといいでしょう。

腸内には、老廃物と一緒に、コレステロールや糖質などがあります。
これらといっしょに、肝臓で作られる胆汁酸もあります。

この胆汁酸は、コレステロールが元となって生成される物質です。

食物繊維を摂ると、胆汁酸が体外に排出されます。
体は、新たに胆汁酸を作って、バランスを保とうとします。

胆汁酸を作るために、コレステロールをどんどん消費します。
つまり、コレステロールが減少していくということです。

これが、食物繊維がコレステロール値を下げる仕組みです。
コレステロールを減らすには、食物繊維をたっぷり摂るのが効果的です。

食物繊維は、腸をきれいにします。
便秘防止にも効果的です。
コレステロール値の低下とともに、ダイエットも兼ねて取り入れるといいでしょう。

コレステロール値を下げるために、食事制限しているかもしれません。
食物繊維をたっぷり食べると満腹感が出ます。
その分、空腹感が紛れやすくなります。

カロリーも、ほとんど気にする必要がありません。

コレステロールを、上手にコントロールするためにも、
食物繊維が豊富に含まれた、根菜類や海草を、食事に加えるといいでしょう。

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

中性脂肪から糖尿病になるシステムは?

中性脂肪は、人間の体に不可欠です。
ですが、あまり多すぎると、重大な疾患を引き起こす原因にもなります。

中性脂肪の過剰な蓄積で怖いのが、糖尿病を発症する可能性を高める可能性があることです。

中性脂肪は肝臓で合成されます。

食べ物の摂取で、血中のブドウ糖が増加。
すると、膵臓からインシュリンが分泌され、ブドウ糖を分解します。

食べ過ぎると、血中のブドウ糖が、過剰に増加します。
ブドウ糖を分解するために、インシュリンの分泌量も増加します。

インシュリンは、中性脂肪の合成を促進します。
中性脂肪が増加します。

中性脂肪が分解されてできるのが、遊離脂肪酸です。
遊離脂肪酸には、インシュリンの働きを妨げる作用があります。

働きを妨げられたインシュリン。
ブドウ糖を分解するために、さらに分泌します。

さらに分泌したインシュリンも、中性脂肪の合成を促進します。
でも、遊離脂肪酸が、インシュリンの働きを妨げるので・・・。

悪循環です。
一定量を超えると、中性脂肪が増えつづける仕組みです。

結果として。

インシュリンの機能低下により、血糖値が下がりにくくなります。
糖尿病を引き起こす原因になります。

糖尿病は、網膜症や腎症、神経障害、壊疽など、特有の合併症を引き起こします。
動脈硬化を進行させます。

狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患。
脳梗塞、脳出血などの脳血管性疾患。
これらの疾患を発症しやすくします。

日常生活に支障をきたします。
生命を脅かすこともあります。

中性脂肪から糖尿病、その他の疾患までの流れは危険です。
中性脂肪のコントロールには、十分注意しなければいけません。

糖尿病の治療は、食事療法と運動療法、薬物療法の併用です。
それでも、完全に治癒するのは難しいようです。

糖尿病は生活習慣病です。
再発の可能性も十分あります。
中性脂肪値に気をつけながら、発症しないように生活することが大切です。

テーマ : 食と健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。