スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中性脂肪とコレステロールは、違うけど似てます

中性脂肪は、本来、体に必要なものです。
体内で蓄積されると、体脂肪の元となります。

中性脂肪と同じ脂質の一つが、コレステロールです。
コレステロールは、血液中を、中性脂肪と一緒に運ばれます。

中性脂肪もコレステロールも、体に貯まり過ぎると、高脂血症を発症します。
行き過ぎると体の害になる、という点では同じです。

が、そもそもの役割は異なります。

中性脂肪には、
●体温を逃がさない
●人間の臓器を固定し安定させる
●衝撃緩和材として、外部の衝撃から体を守る
などの働きがあります。

エネルギー貯蔵庫としての役割もあります。
体内の余分な脂質、糖質、たんぱく質は、中性脂肪になり、必要に応じて脂肪酸になります。
エネルギーとして代用されます。

一方、コレステロールは。

細胞の膜を作る原料になります。
副腎皮質ホルモンと性ホルモンの原料、胆汁酸の原料になるものです。

中性脂肪の役割と、大きく異なります。

コレステロールの中でも、悪玉コレステロールと呼ばれるLDL。
細胞膜やホルモンの原料になります。
生きていくためには、必要なものです。

が、増え過ぎた場合は、中性脂肪と同様です。
動脈硬化の原因となります。

中性脂肪とコレステロール。

血液中で過剰になると、高脂血症となり、動脈硬化を促進します。
と共に、糖尿病や高尿酸血症、膵炎などを引き起こします。

狭心症や心筋梗塞などを発症する可能性もあります。

中性脂肪とコレステロールはどちらにも、体にとって重要な役割があります。
ですが、健康診断などで、これらの数値に異常が見られた時は、要注意です。
早急に、改善に努めましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 脱メタボ! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

中性脂肪とは

中性脂肪とは、体内に蓄積された脂肪です。

必要以上に摂取された炭水化物や糖分、脂肪分。
これらが体内に蓄積され、できた脂肪が中性脂肪です。

中性脂肪にも、役割があります。

体温を一定に保つ働きをします。
外部の衝撃から臓器を守る、クッションの役割をします。
また、体を動かすエネルギー源としても機能します。

中性脂肪は、体に必要な栄養素です。
すべてが “害” というわけではありません。

ただ、過剰な摂取は肥満の原因になります。

炭水化物やアルコールなどを過剰に摂取すると、中性脂肪が増加します。
皮下脂肪として蓄積されます。
肥満の原因です。

中性脂肪は、体内にエネルギーを貯めておく貯蔵庫です。
皮下脂肪の大半が、中性脂肪です。

中性脂肪は、肝臓でつくられます。
食べ過ぎで過剰に摂取された糖質が原料です。
これらの原料をもとに、肝臓でつくられます。

アルコールの摂取でも、中性脂肪の合成が促進されます。

飲酒するとき、いっしょに酒の肴を食べることが多いと思います。
酒の肴には、脂っこいものが、たくさんあります。
中性脂肪を蓄積するのに、うってつけの好条件がそろっています。

大食漢で、お酒の量も多い。
そんな場合は、量を減らすように意識することが大切です。
摂取した分、消費することも重要です。

バランスよく食べ、適度な運動をする。
当たり前のようですが、これを心がけないと、中性脂肪が大型貯蔵庫になってしまいます。

高齢になると、代謝も衰え、中性脂肪が蓄積されやすくなります。
中性脂肪は、内臓に付着すると、いろんな臓器の障害を引き起こす可能性もあります。
男性は30代、女性では40代あたりから、特に気をつける必要がありそうです。

中性脂肪は、一度過剰に蓄積すると、消費するために、かなりの労力が必要です。
しっかり消費できればいいんですが、慢性的な運動不足の人がほとんどです。

消費する方法を考える前に、「できるだけ余分には貯めこまない」ことを考えるといいでしょう。

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

高コレステロールが高血圧の原因になる

コレステロールと血圧は、密接に関連しています。

コレステロール値が高いと、高脂血症になりやすくなります。
高コレステロールだと、生活習慣病をわずらいやすくなることも知られています。

生活習慣病には、高血圧も含まれています。
高いコレステロールが、血圧上昇を招く原因であることも判明しています。

コレステロールが高くなると、血管内に溜まります。血管内に溜まったコレステロールによって、血管内部が狭くなります。。そして、血圧が高くなります。
水道のホースをイメージしていただければ、わかりやすいかと思います。

ただ、コレステロールが高血圧に関係する理由は、それだけではありません。

高コレステロールの状態では、血圧を調整する機能が働きます。
血圧が上がりやすくなる、というのは、単に血管が細くなるだけが原因ではなく、生理的な理由もあるようです。

コレステロール値が高いと、腎臓から分泌されるレニンという酵素が活性化します。レニンの作用で、血圧上昇に働くホルモンのアンジオテンシンⅡの分泌が強まります。
その結果、高血圧になるようです。

コレステロールと血圧、両方とも高い場合、高血圧を発症させるリスクが、通常の3.1倍にもなるそうです。

高コレステロール値と高血圧。
ともに、動脈硬化を促進させる要因です。

コレステロール値と高血圧は、密接に関連しています。
コレステロール値が高めの場合、血圧にも注意する必要がありそうです。

コレステロールをうまくコントロールすることが、高血圧、さらには生活習慣病の予防にもつながります。

テーマ : 脱メタボ! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

外食時のコレステロール対策

コレステロールに限ったことではありません。
ダイエットなどでも同じです。

外食では、カロリーコントロールが肝心です。

最近では、カロリー計算できる飲食店も増えています。
それでも、一般的に外食といえば、油や調味料を大量に使います。
肉類が多く、野菜などは不足しがちです。

コレステロール、カロリーコントロールという観点から見ると、焼肉や鍋料理などは要注意です。

焼肉や鍋料理には、肉や魚介類の比重が高い。
肉や魚介類には、コレステロールがたっぷり含まれています。
しかも、多人数で楽しく食べる。

食欲もセーブしにくい。
思わず、食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。
カロリーコントロールなんて、頭の片すみにも残りません。

お勧めは和食です。
コレステロールのことを考えるなら、外食は、和食を中心にするのがいいと思います。

和食では、低カロリーの魚や豆腐がよく使われます。
お浸しや煮物など、野菜類も豊富。

てんぷらやカツ丼などの揚げ物にさえ気をつければ、カロリーを抑えられます。
食物繊維が豊富なメニューを選べば、コレステロールを下げることもできます。

和食といえば、お寿司。

コレステロールを下げる作用を持つDHA。このDHAは、イカや貝、青魚に豊富です。
コレステロールを気にするなら、お寿司は安心して食べることができる料理です。

食後のデザートには注意です。

果物や砂糖が含まれるお菓子。
中性脂肪を増やします。
デザートを別腹と考えず、食事とワンセットでカロリーコントロールしましょう。

お付き合いなどで外食する場合、コレステロールやカロリーを意識してお店を選ぶのは、難しいかもしれません。それでも、外食では、コレステロールを増やさないように工夫してみましょう。

低カロリーで野菜豊富なメニューを選ぶ。
体への負担が少ないメニューを選ぶようにしてみましょう。

テーマ : 30代の健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コレステロール対策に運動する習慣

健康を維持するのに、運動は不可欠です。
現代人は、慢性的な運動不足。ちょっと運動を続けるだけでも、効果が期待できます。

コレステロールについても、同じことが言えます。
コレステロールを効率的に減らすには、運動が大切です。

適度な運動と正しい食事。

コレステロールの減少にも効果があります。
生活習慣病やメタボリック・シンドロームの予防にも効果的です。

コレステロールをコントロールするための運動。

運動の種類は、有酸素運動です。
ダイエット同様、ウォーキングや水泳などの有酸素運動がいいでしょう。

できれば毎日。それが難しいのなら、週3回以上。
運動する日をスケジュールに入れて、週3回以上の運動を目標に、計画してみましょう。

ダイエットでは有名な有酸素運動。
コレステロール値を下げるのにも、有酸素運動が向いています。

それには、理由があります。

しっかり呼吸しながら体を動かす。
すると、脂質の代謝が良くなります。中性脂肪が下がります。

運動をすると、体内でも、運動がおこります。

最初に、筋肉にあるグリコーゲンが分解されます。
ついで、中性脂肪が分解され、使用されます。

中性脂肪が減ったことで、悪玉コレステロール(LDL)も減ります。
加えて、善玉コレステロール(HDL)が増えていきます。

運動する時間は、1日30分程度。

無理は禁物です。これくらいの時間で、十分に効果があります。
一度にたくさんするより、毎日続けることを重視しましょう。

ただし、
食事前の空腹時や食後、朝起きてすぐは避けたほうがいいようです。

どうしても時間がとれない場合。

エレベーターではなく階段を使ったり。
通勤の際に一駅分だけ歩いたり。

ちょっとしたことですが、これらを続けるだけでも、コレステロールを下げる効果が期待できます。

コレステロール対策は、一定量をこなせば終わり、というものではありません。
運動することを習慣にして、毎日コツコツ続けるほうが、効果が持続するようです。

テーマ : 脱メタボ! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。