スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生労働省のメタボリックシンドローム予防対策

メタボリックシンドロームの予防対策に乗り出した厚生労働省。生活習慣病の予防に対して、国民の意識を向けてもらおうと様々な取り組みをしています。

日本は世界の中では長寿国と言われています。
が、安心はできないようです。

がん・脳卒中・心疾患・糖尿病などの生活習慣病が増え、メタボリックシンドロームが急増しているという事実もあります。

メタボリックの原因となる生活習慣病。
自覚症状がなく、体内で密かに病気が進行し、突然病気を発症してしまうこともあります。

厚生労働省は、メタボリックシンドロームが、日本の3大死亡原因であるがん、脳卒中、心疾患に深くかかわっていることを懸念。

国民に健康について考えてもらうために「健康日本21」という運動を展開しました。

健康日本21とは、毎月21日に健康に役立つ行動をし、それを仲間に広めていくという試みです。食事に関することや、運動不足の解消、ストレス解消法などで、身も心も健康になっていくという考えです。

この健康日本21の内容には、
メタボリックの予防対策に役立つものがたくさんあります。

メタボリックの予防対策を一人で続けていくのは、とても難しいものです。
家族や周りの仲間と共に取り組んだ方が効果的ですし、長続きします。

健康日本21が勧める、仲間でする健康管理の考え方は、メタボリック打開に向けてのよいきっかけになるだろう。
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 健康日本21 予防対策

メタボリック健診のメタボ対策

メタボリックシンドロームが世間で注目を集め、生活習慣病に対する国民の意識が高まりました。

国も、この国民の意識を反映し、メタボ対策に取り組み始めました。

■メタボリックシンドロームに陥っている可能性がある人
■これからメタボリックシンドロームに陥る危険性がある人

メタボリックに関わる可能性のある人が多いことから、メタボ対策を早めに行うために、平成20年4月から“メタボリック健診(特定健康診査・特定保健指導)”を開始しました。

メタボリック健診はメ、タボリックシンドロームの危険度が増す40歳以上の医療保険加入者が対象です。この健診には、今まで行われてきた健康診断とは大きく違う点があります。

メタボリック健診は、自治体が行うのではなく、各健保組合などの医療保険者によって行われます。

健診によってメタボリックだと診断された人だけでなく、メタボリック予備軍の人にも、医師や管理栄養士、保健士から、半年にわたって、特定保健指導が受けられるというものです。

特定保健指導では、個人の食生活や運動量などの細かい聞き取り調査があり、食事や運動への指導が行われます。

また、グループ単位でメタボリック対策を行うことによって、仲間意識を育て、メタボリック対策から離脱しないように配慮されています。

メタボリックシンドロームを解消するには、適度な運動とバランスのよい食事が大切です。

一人でメタボ対策を行うのもいいことですが、まずは、特定保健指導にしたがって、半年間じっくり取り組んでみるのも効果的です。

テーマ : メタボリック&生活習慣病の最新情報 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : メタボ対策

メタボリックが脳血管疾患の原因になる

メタボリックは様々な疾患を引き起こします。
脳血管疾患も、メタボリックが引き起こす深刻な疾患のひとつです。

脳血管疾患とは、脳梗塞や脳出血などのことを言います。
脳内血管の異状が原因で引き起こされる、死に直結する病です。

これも、メタボリックが原因になっている場合が多いそうです。

一見、関係がなさそうなメタボリックと脳血管疾患。
メタボリックが脳内の血管にどのように作用しているのでしょうか?

脳梗塞とは、脳内の血管が詰まって血栓ができる、これが原因で、血液が滞ってしまう病気です。また、脳出血とは、脳内血管壁が弱くなって破れ、血液が脳内に広がってしまう病気です。

どちらの疾患も、脳細胞を壊し、直接、命にかかわる病気です。
これらが、メタボリックを原因として引き起こされていることが多いのです。

メタボリックシンドロームと診断された人の体内には、内臓脂肪がたくさんついています。その脂肪の中のコレステロールが、脳に悪影響を与えます。

メタボリックを語る際に、コレステロールを欠かすことはできません。そのコレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。

中でも、動脈硬化を引き起こす原因物質を、総称して、悪玉コレステロールと言います。

メタボリックと診断された体は、高コレステロールの状態になっています。血管内に流れる血液も同様に、高コレステロールの状態になっています。

メタボリックの人の血管内を流れる血液中のコレステロール。これが血管壁にとどまったとき、それを掃除しようと集まったマクロファージも留まってしまいます。

このマクロファージが血管を弱くします。

この現象が脳血管でおこったとき、脳血管疾患の危険が生じてしまいます。

テーマ : 美と健康! - ジャンル : 心と身体

TAG : 脳血管疾患

e健康ネットでメタボリック対策の知識を吸収する

メタボリック対策には、政府も力をいれて取り組んでいます。
厚生労働省は、インターネットで誰もがメタボリックに関する情報を知ることができる、e健康ネットというページ設けています。

e健康ネットが取り扱っているのは、メタボリックシンドロームだけはありません。国民が健康を保つため、生活習慣についての幅広い情報を掲載しています。

健康管理に気を付けていたり、生活習慣の改善に取り組んでいるなら、一度、参考にしてみるといいでしょう。

e健康ネットを見てみると、最初にメタボリックシンドロームについて書かれています。その理由は、現在の日本が、メタボリックシンドロームの危険にさらされていることを示しているからです。

メタボリックは、最悪の場合、人体に命を落とすような悪影響を与える可能性があります。最近の健康番組などでも、メタボリックシンドロームがテーマとして取り上げられることもよくあります。

実際に、中高年の日本人男性の半分、また女性の5人に1人が、メタボリックまたはメタボリック予備軍だと言われるような事態にまで陥っているようです。

e健康ネットは、読み進めていくと、「自分もメタボリック対策に取り組まなければ」という気持ちにしてくれます。

厚生労働省の狙いも、実は、自己責任で行う積極的なメタボリック対策なのかもしれません。

e健康ネットでは、メタボリックシンドロームを予防・改善するための対策が詳しく載っています。メタボリック対策をしたくても、知識が乏しい人には、かなり勉強になるサイトです。

それだけではありません。

メタボリックシンドローム以外でも、家庭で疑問に思うような病気についても詳しく解説されています。医学書代わりにも役立ちますので、日々の健康管理の情報としても役立ちそうです。

テーマ : 健康な生活 - ジャンル : ライフ

TAG : メタボリック対策

女性のメタボリック対策

メタボリックシンドロームは、男性女性に関係なく煩っているものです。

メタボリックシンドロームを解消する一番の近道は、内臓脂肪を減らすことです。ですが、メタボリックシンドローム解消に取り組む方法は、男女で違った方法をとった方が、効果が高いようです。

男性と女性では、普段、似ているようですが、異なる日常生活の送っています。そのため、メタボリック解消のために有効な、食生活を改善するタイミングが男女で違ってくるからです。

女性でメタボリックシンドロームを煩っている人の多くは、一日の代謝に必要なエネルギーよりも、かなり多く食べてしまっています。

つまり、過食が原因で、肥満になってしまう場合が多いようです。

女性の食生活の場合、一度に量をたくさん食べるというケースよりも、間食が多かったり、子供の食べ残しを食べてしまったり、子供と一緒に夕食をとった後、帰宅したご主人の晩酌に付き合って食べてしまったりするケースが多いようです。

食生活のリズムが、メタボリックシンドロームへの危険を引き寄せています。

このような生活を続けていては、一度にたくさん食べていないとしても、一日の摂取量に換算すると、かなりのものとなっているはずです。

メタボリックを解消するには、自分に適した量以上は、絶対に食べないことを心がけましょう。無駄だと思っても食べ残す厳しさも必要です。残るくらいなら、最初から少なめに作ればいいかもしれません。

女性に有効なメタボリック対策は、間食を減らすこと。
そして、自分の決めた食事量以外は、絶対に食べないことです。

レコードダイエットのような方法もあります。
自分が食べたものを書き出して、冷蔵庫などに貼っておくと食べる気持ちを抑えることができます。

ダイエットだけではなく、メタボリックの解消にも役立つ方法です。

テーマ : 女を磨く! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : メタボリック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。