スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックとBMI(肥満度)測定法

メタボリックシンドロームで一番重要なこと。
それは肥満に陥らないことです。

そんなことは重々承知していることと思います。

が、そもそも、その肥満。
基準となる体重は、どのように決まっているのでしょうか?

メタボリック診断で、肥満度を測定する場合、
おなか周りのサイズ(といっても、くびれ部分ではなく、へその位置で測定)で、体重と身長から肥満指数を導き出し、肥満度を知ることができます。

肥満指数の計算式は、体重(kg)÷ { 身長(m)× 身長(m)}= BMI(肥満度)。
この公式によって出された数値が25を超える場合、肥満だということです。

計算の結果、出た数値が25を超えた場合、病院などで、本格的なメタボリックシンドロームの健診を受け、合併症がないか調べてみることをお勧めします。

BMI指数が25を超えたら肥満です。
が、だからといって、即メタボリックだとは、診断できません。

とはいえ、肥満が糖尿病・高脂血症・高血圧などの病気を引き起こす原因の一つになることがわかっている以上、BMI25を超えたら、確認のためにも、一度メタボ健診をしておく方が無難です。

BMI指数25は、メタボリックをチェックするための、一つの基準です。

25を超えた場合、肥満です。
その肥満度には、1から4まで、4つの段階があります。

肥満度が1から4に上がるにつれ、メタボリックの可能性が高くなり、心配が増していくと言えます。

メタボリックの危険が生じるBMI25~30未満は「肥満度1」、30~35が「肥満度2」、35~40が「肥満度3」、40以上を「肥満度4」です。

肥満指数の計算式は、身長と体重で計算する簡単なものですが、1つの目安にはなります。BMIが25を超えたときは、まずはメタボリック健診を受けてみましょう。

検診の結果がメタボリックでなければ安心できるし、メタボリックと診断された場合でも、メタボリック対策を早期に実行することができるからです。

ただし、メタボ健診の結果、メタボリックではなかったとしても、25を切る努力は必要です。
スポンサーサイト

テーマ : きれいになりたい! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : メタボリック 健診

男性のメタボリック対策は外食対策から

男性も女性も、中高年になってくると、メタボリックシンドロームに陥る危険が高くなります。メタボリックを解消するためにも、バランスの良い食事で、食事量も適正でなければなりません。

が、
男性と女性で、その取り組み方が違ってきます。

男性の場合、食事を自分で用意する人は少ないでしょう。
その上、日中の多くの時間を会社などで過ごしているため、外食も多くなります。メタボリック対策を外食中に心がけなければならない場合もあることでしょう。

外食では、自分が食べたいものを選択できます。自然と、自分の好きな食事が多くなり、栄養が偏りやすくなります。

さらに、外食の場合、ご飯がすすみやすいように、味付けを濃くしていますから、通常より食べ過ぎてしまうことも多くなります。

外食は、メタボリックには大敵です。

その上、男性の外食の恐ろしいところは、メタボリックに大きく作用する飲酒を伴うと言う点です。

人間は、脂肪と炭水化物をエネルギーに変えて生きています。余った分は中性脂肪となって溜め込まれてしまう。これがメタボリックの原因になります。

実は、
飲酒によるアルコールを分解する際にも、中性脂肪が作られてしまうのです。

メタボリックに陥っている男性で外食が多い人は、食べ過ぎに加え、アルコールでも中性脂肪をたくさん作り出してしまいます。おのずと、生活習慣病に陥る可能性も高くなります。

男性のメタボリック対策で有効なのは、
単純ですが、外食と飲酒の際に細心の注意を心がけて、適度な量に収める努力をすることです。

うれしいことに、
メタボリックシンドロームという言葉も一般的に認識されています。

「メタボリック対策中なので・・・」

この一言で、周囲の人も、あなたのメタボリック解消を、気にかけてくれるでしょう。

テーマ : 仕事の現場 - ジャンル : ビジネス

TAG : 外食 飲酒

男性のメタボリック対策は難しい?

男性メタボリックシンドロームを、女性とメタボリックシンドロームと比較すると、若干の違いがあります。

50歳前後の男性は、特にメタボリック診断が重要になると言えます。

男性の場合、
50歳代から心筋梗塞などの心疾患や脳梗塞などの脳血管疾患になる人が増加しているからです。

働き盛りの中高年の多くは、メタボリックの原因になる環境にいます。

暴飲暴食、ストレスや運動不足などは、内臓脂肪の量を増大させます。いわゆる中年太りの原因です。それが、メタボリックシンドロームにつながります。

男性メタボリックシンドロームになると、改善するのは難しい状況です。多くの場合、男性は、職場環境の変化が期待できないからです。

そのうえ、食生活についても、自分で細かくチェックができません。どうしても自分本位の、栄養が偏った食事を続けてしまうことになりがちです。

それが、男性のメタボリックの改善や対策を遅らせてしまう原因です。

働き盛りで大変な日常を送っている中年男性。
その後も有意義な人生を送れるように、できる範囲からでも、メタボリック対策にも力を入れるように心がけましょう。

あなたの周りでも、メタボリック改善のための支援がたくさんされています。

世間でもメタボリックが注目されています。
多くの飲食店や社員食堂などで、メニューの栄養表示をしています。メタボリック対策も含め、自分の食事に関心をもたせようという試みです。

様々な種類の小鉢を用意。
いつもの食事に野菜や健康に良いメニューをプラスさせて、メタボリック対策をしている企業も登場しています。

男性のメタボリック対策では、職場環境を中心に、なかなか生活環境を一新することができません。とはいえ、少しだけでも、できる範囲からメタボリック対策に取り組んでいくことは、必要なことでしょう。

テーマ : 男を上げる! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : メタボリック 男性

メタボリックドミノをスタートさせないために

メタボリックドミノ。ご存知ですか?

メタボリックドミノとは、言葉どおりです。
1つの病気を発症すると、次々と他の病気を発症し、どんどん病気の深みにはまっていく。ドミノのように。

このメタボリックドミノのゴールは、死です。

メタボリックドミノって聞くと、なんだかかっこ良さげな言葉です。実際は、病気というドミノが、死に向かって倒れていくということを意味した恐ろしい言葉です。

メタボリックという言葉や生活習慣病という病名。聞こえは軽そうです。なかなか「死」を連想しにくい言葉です。ダイエットの延長線上と勘違いして、軽く見られがちです。ダイエットの中年版のようなイメージがあるかもしれません。

まったく別物です。

メタボリックは、段階が進んでいくと、死の危険性が増加します。怖い病気という認識が必要です。一般的に言われているダイエットしなかったからといって、死ぬことはありませんよね。

メタボリックドミノという言葉は、決して脅かしではありません。
まして、メタボリックドミノは、一時的な流行語でもありません。

メタボリックドミノは、メタボリックや生活習慣病を甘くみていると、その先には命を脅かす危険が待っていることを認識するための、とても大切な言葉です。

テレビで見たことがあると思います。

ドミノをスタートさせるのは簡単です。最初の1つを軽く押すだけです。大きな力はいりません。先頭の駒をチョコンと押すだけです。

メタボリックドミノもこれと同じ。
最初の一歩は、生活習慣のちょっとした乱れです。

肥満・高血圧・高脂血症・高血糖のドミノを倒し、さらに進んでいくと糖尿病・心疾患・脳血管疾患・動脈硬化などを発症。さらにドミノが倒れていくと、下肢切断や失明など体中に影響を与えます。ゴール(=死)が、ドンドン近づいてきます。

最初は、ちょっとした油断です。

メタボリックドミノをスタートしない一番の方法は、日ごろの生活習慣に気をつけることです。バランスの良い食事と適度な運動、健康的なストレス発散法など、自分の健康管理をしっかりとしておきましょう。

テーマ : ボディケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : メタボリックドミノ

メタボリックと睡眠障害の危険な関係

メタボリックと睡眠障害・・・

メタボリックと睡眠障害。一見しただけでは、なんの関係もなさそうに感じます。
でも実は、メタボリックシンドロームと睡眠障害は、密接な関係にあります。

メタボリックは、肥満の問題。
だから、メタボリックと睡眠が密接な関係があると思っている人は少ないかもしれません。

しかし、
睡眠をおろそかにすると、メタボリックに重大な悪影響を与えることが判明しています。

メタボリックが睡眠時無呼吸症候群を起こす原因となっている、
ということは良く知られている事実です。

メタボリックが睡眠時無呼吸症候群の原因になり、睡眠時無呼吸症候群によって睡眠時間が削られれば、それがまた肥満につながります。

メタボリックと睡眠障害は、悪循環の関係にあると言えます。

が、
それだけではありません。

メタボリックの診断に重要な、生活習慣病である高血圧の人。
その40%は不眠症。30%は睡眠時無呼吸症候群だというデータがあります。

また、
糖尿病にかかっている人の60%が不眠状態にあるそうです。

さらに、寝不足は血糖を上げ、動脈硬化を促進させ、食欲コントロールを不能にし、ストレスがかかった状態が長く続くなど、メタボリックシンドロームをどんどん引き寄せてしまいます。

メタボリック対策として、よく話題になるのが、バランスの良い食事と適度な運動。もちろん、メタボリック対策として重要な要素です。が、これに「十分な睡眠」をぜひ加えましょう。

睡眠不足を改善する。

適度な睡眠をとるだけで、メタボリックシンドロームを引き起こす生活習慣を、ひとつ改善することにつながります。

運動不足の解消がどうしてもうまくいかなかったり、仕事の関係などでバランスのよい食事が難しい場合でも、メタボリックが気になっている人は、一度、自分の睡眠状況に目を向けてみてはいかがでしょうか?

テーマ : 快眠・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 睡眠障害 睡眠時無呼吸症候群 睡眠不足 運動不足

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。