スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドロームって?

メタボリックシンドロームのことを、単なる肥満だと理解している人はたくさんいます。
ですが、メタボリックシンドロームは、単なる肥満ではありません。

メタボリックは代謝。そして、シンドロームは症候群、という意味です。

何らかの事情で身体の中で代謝がうまくいかず、代謝異常が原因で、いろいろな病気になってしまう可能性がある状態のことを示しています。

メタボリックシンドロームとは、メタボリックシンドロームという名前の病気があるのではなく、内臓脂肪型肥満・高血圧・高血糖・高脂血症が重なって症状として現れる、状態を言います。

その原因が代謝異常、つまりメタボリックの異常が引き起こしているということから、それらを総称してメタボリックシンドロームと呼ばれています。

メタボリックシンドロームによって引き起こされる病気は、生活習慣病と言われ、TVや雑誌などでも、頻繁に取り上げられています。

では、なぜメタボリックシンドロームがこんなに注目を集めたのでしょうか?

日本人は元々農耕民族。
肥満とは縁のない人種のはずでした。

しかし、近年の食の欧米化やストレスの増加、運動不足から、メタボリックシンドロームに陥っている、またはメタボリック予備軍が増加しているからです。

日本の死亡率の上位を占める、がん・心疾患(心筋梗塞・狭心症など)・脳血管疾患(脳梗塞・脳出血など)。

これらを引き起こすのが、代謝異常(メタボリック)を原因とする内臓脂肪型肥満だと言われていることから、メタボリック対策に政府も力を入れているようです。
スポンサーサイト

テーマ : メタボリック - ジャンル : ヘルス・ダイエット

女性のメタボリック

メタボリックシンドローム
と一口に言っても、男性のメタボリックシンドロームとと女性のそれとでは、違いがあります。

高脂血症は、
メタボリックシンドロームと診断される合併症の一つです。

高脂血症の原因は、たくさんあります。

遺伝によるもの、肥満から来るもの、食べすぎや運動不足の生活習慣病からのもの、糖尿病がうまくコントロールできない場合など、あげればきりがありません。

しかし、

女性のメタボリックシンドロームでは、
更年期の女性の、身体の変化が大きく作用しています。

たとえ、更年期に入る前と同じように食事や運動をしていても、メタボリックと診断されるケースがたくさんあります。

女性は更年期に入ると、コレステロール値が上昇しやすい身体に変化するからです。

加齢によるコレステロールの増加は、40歳を境に急激に増加します。そのため、知らないうちにメタボリックシンドロームに陥っていることがあるのです。

このことから、特に更年期に近い女性やまさに更年期に入っている女性は、メタボリック対策をしておく必要があります。

有効なメタボリック対策としては、

油料理は1日2品まで、肉より魚、食物繊維を積極的に摂取すること、ビタミンE・C、カロチンの摂取、ジュース・アルコールのとりすぎ注意、そして食べ過ぎに気をつけながら適度な運動をすることを心がけて生活を送ることです。

これまで、健全な食生活を送り、適度に運動をし、問題なかったからといって、更年期を過ぎても大丈夫だと考えるのは危険なようです。

テーマ : ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

メタボリックとbmi(肥満度)基準計算法

メタボリックシンドロームで一番重要なこと。
それは、肥満にならないこと。

「そんなことは、重々承知」

だと思いますが、
そもそも、肥満の基準になる体重は、どのように決まるのでしょうか?

メタボリック診断で、肥満度を測定するのは、おなか周りのサイズです。
ウエストのくびれ部分ではなく、へその位置で測定します。

体重と身長から肥満指数(bmi)を導き出し、肥満度を知ることができます。

肥満指数の計算式は、
体重(kg)÷ { 身長(m)× 身長(m)} = bmi(肥満度)。

この公式によって出された数値が、25を超えた場合、肥満と判断されます。

もし、この計算から出た数値が25を超える場合、早急に、メタボリックシンドロームの健診を受け、合併症の有無を検査することをお勧めします。

bmi指数が25を超えたからといって、即メタボリックだとは診断できません。

ですが、肥満が糖尿病や高脂血症、高血圧などの病気を引き起こす原因の一つになることがわかっている以上、bmi25を超えたら、メタボ健診を受診しましょう。

bmi指数25は、メタボリックを心配する一つの基準です。

25を超えた後にも、肥満度1から4までの4つの段階があります。肥満度が1から4に上がるにつれ、メタボリックの心配が増えます。

メタボリックの危険が生じるbmi25~30未満は「肥満度1」、30~35が「肥満度2」、35~40が「肥満度3」、40以上を「肥満度4」です。

肥満指数の計算式は、体重と身長から計算する単純なものです。
計算自体は、だれでも簡単にできます。

この計算式は、メタボリックの早期発見とメタボリック対策の早期実行を目的としたものです。計算だけして、メタボリック健診に行かないのでは意味がありません。

なので、bmiが基準値を超えた場合だけに限らず、計算結果に不安が残る場合は、まずはメタボリック健診を受診するといいでしょう。

テーマ : 糖質制限食 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

メタボリックで高血圧が加速する

メタボリックシンドロームの合併症の1つに高血圧があります。

血圧とは心臓から送られた血液が血管の内側の壁を押すときにかかる圧力のこと。この血圧。高いままの状態が長く続くと、血管の弾力がなくなり、血管の壁が厚く硬くなってしまいます。

その状態に、メタボリックによるコレステロールが加わることで、さらに血管に悪影響を与えてしまうのです。

特に、大切な血管(大動脈や脳動脈)ほど高血圧の影響を受けやすいので、高血圧の原因となるメタボリックには十分に気をつけなければなりません。

動脈硬化は、心疾患・脳血管疾患の原因になります。
メタボリックによる内臓脂肪がそれに拍車をかけることがわかっています。

メタボリックシンドロームは、メタボ健診が40歳からであるように、40歳ころから気になるものです。ですが、動脈硬化はそうではありません。10代の頃から、すでに始まっていることもあります。

若い頃からの食生活が影響し、高脂血症になると、血中のコレステロールが動脈を痛めつけます。メタボリックシンドロームと診断される頃には、もう、かなり血管が弱っている可能性もあります。

メタボリックは中年層が気にするだけではありません。

若い頃からの生活習慣が後々になって影響が出てくることを自覚して、若い頃から意識して生活しておく必要があります。

若い頃の食生活が、後々のメタボリックに大きく影響します。
若いうちからメタボリックを予防する。
それには当然、親の協力と理解も重要になってきます。

テーマ : 絶対やせる宣言! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

メタボリックと動脈硬化

メタボリックシンドロームと動脈硬化。
この2つが合わさったとき、身体の中は、かなり危険な状態です。

そもそも、メタボリックだということは、体が動脈硬化を促進させてしまう状態にあるということです。

さらに症状が進めば、虚血(血液がスムーズに流れなくなってしまう状態)が起こり、それが心臓や脳に悪影響を及ぼします。

心臓であれば心筋梗塞、脳であれば脳梗塞、といった重大な病気になってしまいます。

動脈硬化の恐ろしいところは、自分が動脈硬化だという自覚症状がないことです。気付かないうちに症状がどんどん進んでしまうことです。

これがメタボリックシンドロームになっている身体だと、さらに進行が早くなります。

メタボリックと合わさると、一層悪影響を及ぼす動脈硬化。

これを防ぐためには、血管年齢を若いまま保てるように、血液をサラサラにする努力をしなければなりません。

動脈硬化は家族歴に関係があるというように、遺伝が原因であることもあります。しかし、ほとんどの場合、メタボリック同様、日常の生活習慣が、原因として大きく作用しているようです。

動脈硬化を進行させるものは、喫煙や高血圧、糖尿病、高脂血症など。
これらはみな、血管に過剰な負担を強いる危険因子です。

メタボリック対策として血管年齢を下げる努力(危険因子の排除)をする必要があります。

動脈硬化は、誰でも20歳位を境にして始まっていると言われています。
メタボリック健診を受ける年齢になったら、メタボリックといっしょに、動脈硬化についても調べておくとよいでしょう。

テーマ : 脱・メタボ宣言! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。