スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中性脂肪を改善する生活

中性脂肪は、体にとって必要不可欠。

中性脂肪には、体にエネルギーを貯蓄する役割があります。
糖質の2倍のエネルギーを持つそうです。
糖質が不足した時、中性脂肪が、体を動かすエネルギーになります。

中性脂肪が少なすぎるのは、あまりにも不健康。
ですが、多すぎるのもよくありません。
体に悪影響を及ぼします。

中性脂肪を適度に保ちます。
中性脂肪が多すぎると指摘された場合は、すぐに改善する必要があります。

中性脂肪を適度に保つには、食事の改善が効果的です。
毎日の積み重ねが、中性脂肪過多の原因です。
その代表が、食生活です。

食べ過ぎに注意します。
栄養バランスの良い食事にすることも大切です。

肉を控えめにして魚を食べる。
野菜を多くとる。
意識的にメニューに加えると、中性脂肪の改善に効果があります。

欧米化した食生活。
まったく肉を食べない、という食生活は非現実的です。

脂分の多い牛肉を避けて、豚肉や鶏肉を使います。
ササミなど、脂肪分の少ない食材を使うことが、中性脂肪の改善に役立ちます。

野菜や魚類を肉類といっしょに食べます。

食物繊維やエイコサペンタエン酸など、
中性脂肪を低下させたり、吸着して一緒に排泄する成分が含まれているものがあります。
肉類と一緒にとることで、バランスよい食事になります。

また、適度な運動で、余分な脂肪などを消費することも大切です。

散歩や体操など、軽い運動から始めます。
急にジムに通いだしても、なかなか続くものではありません。
まずは、運動を続けることが大切です。

できれば、水泳やジョギングなど、肉体的にも精神的にも、負担にならない程度の運動を心がけるといいでしょう。
中性脂肪の改善法としては有効です。

中性脂肪は、食事や運動など、日常生活を見直すことで、改善することができます。
スポンサーサイト

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

TAG : 中性脂肪

中性脂肪を食事療法で解消

中性脂肪は、食生活と密接な関係があります。
中性脂肪が過剰に蓄積された状態を、食事療法で改善したり、悪化を防止できます。

中性脂肪値が高くなる原因は、食べ過ぎによる過剰なエネルギー摂取です。

体が消費しきれなかったエネルギーは、肝臓で、脂肪に替えて蓄積します。
その貯蓄量が多くなることで、需要と供給のバランスがくずれます。

食事療法として、まずは中性脂肪を増やさないことです。

脂質が多く、中性脂肪を増やしやすい食べ物を控えます。
バターやクリーム、牛肉などです。
果物、菓子類、ジュースなどの糖質の多いものやアルコール飲料も、中性脂肪を増やします。

次に、中性脂肪を減らすための食事を心がけます。

海藻やきのこ、野菜などは、食物繊維が多く含まれる食物です。
糖質や脂質の吸収を抑制する働きがあります。
その上、中性脂肪や糖質を腸内で吸着して排泄する作用があります。
中性脂肪を減らすのに、効果的です。

動物性の油の使用を控え、植物性の油を使います。
これも、中性脂肪を減らすのに効果的です。

アルコールは、適量を守ります。
●日本酒1合、ビール大瓶1本、ウィスキー水割り3杯など
●週に1~2回飲まない日を設ける
中性脂肪に留意した食生活としては理想的です。

中性脂肪と食事は密接に関係します。
食事を改善すれば、中性脂肪の解消につながります。
中性脂肪の解消には、増やさない方法と減らす方法を、バランスよく実践しましょう。

テーマ : 美容・健康 - ジャンル : ライフ

中性脂肪は、軽視できません

中性脂肪とは、血液中の脂質と呼ばれるものの一つです。

中性脂肪は、エネルギー源となって体温を一定に保ちます。
内臓を外部の衝撃から守る役割もします。
人間が生きていくうえで、欠かせない物質です。

中性脂肪は、一定数で存在している必要があります。
中性脂肪が異常に増加した場合、肥満の要因になります。
生活習慣病の原因にもなります。

中性脂肪の増加は、善玉コレステロールを減少させます。

その結果、悪玉コレステロールが力を増大。
超悪玉コレステロールに変化させます。

中性脂肪が多い状態が長く続くと、
コレステロールが血管壁に沈着し、粥状動脈硬化を引き起こします。
同時に、血液を固まりやすくする作用も働きます。

中性脂肪値が高い場合。

●高脂血症や糖尿病
●喫煙や過度の飲酒、ストレス

などの危険因子を併せ持つことで、
脳梗塞や心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症などを発症します。
場合によっては、死に至るケースもあります。

中性脂肪値が高い。
という点以外、ハッキリした自覚症状があるわけではありません。
知らない間に、病気が進行していることも多いようです。

日本の死因の上位を占める、脳梗塞や心筋梗塞。
中性脂肪の過剰な増加は、これらの原因となる動脈硬化を引き起こします。
結果として、命を落とす危険にさらされることにもなりかねません。

検査などで、中性脂肪値が高かったら、軽視して放置せず、適切に改善する努力が必要です。

テーマ : 脱メタボ! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

中性脂肪から糖尿病になるシステムは?

中性脂肪は、人間の体に不可欠です。
ですが、あまり多すぎると、重大な疾患を引き起こす原因にもなります。

中性脂肪の過剰な蓄積で怖いのが、糖尿病を発症する可能性を高める可能性があることです。

中性脂肪は肝臓で合成されます。

食べ物の摂取で、血中のブドウ糖が増加。
すると、膵臓からインシュリンが分泌され、ブドウ糖を分解します。

食べ過ぎると、血中のブドウ糖が、過剰に増加します。
ブドウ糖を分解するために、インシュリンの分泌量も増加します。

インシュリンは、中性脂肪の合成を促進します。
中性脂肪が増加します。

中性脂肪が分解されてできるのが、遊離脂肪酸です。
遊離脂肪酸には、インシュリンの働きを妨げる作用があります。

働きを妨げられたインシュリン。
ブドウ糖を分解するために、さらに分泌します。

さらに分泌したインシュリンも、中性脂肪の合成を促進します。
でも、遊離脂肪酸が、インシュリンの働きを妨げるので・・・。

悪循環です。
一定量を超えると、中性脂肪が増えつづける仕組みです。

結果として。

インシュリンの機能低下により、血糖値が下がりにくくなります。
糖尿病を引き起こす原因になります。

糖尿病は、網膜症や腎症、神経障害、壊疽など、特有の合併症を引き起こします。
動脈硬化を進行させます。

狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患。
脳梗塞、脳出血などの脳血管性疾患。
これらの疾患を発症しやすくします。

日常生活に支障をきたします。
生命を脅かすこともあります。

中性脂肪から糖尿病、その他の疾患までの流れは危険です。
中性脂肪のコントロールには、十分注意しなければいけません。

糖尿病の治療は、食事療法と運動療法、薬物療法の併用です。
それでも、完全に治癒するのは難しいようです。

糖尿病は生活習慣病です。
再発の可能性も十分あります。
中性脂肪値に気をつけながら、発症しないように生活することが大切です。

テーマ : 食と健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

中性脂肪とコレステロールは、違うけど似てます

中性脂肪は、本来、体に必要なものです。
体内で蓄積されると、体脂肪の元となります。

中性脂肪と同じ脂質の一つが、コレステロールです。
コレステロールは、血液中を、中性脂肪と一緒に運ばれます。

中性脂肪もコレステロールも、体に貯まり過ぎると、高脂血症を発症します。
行き過ぎると体の害になる、という点では同じです。

が、そもそもの役割は異なります。

中性脂肪には、
●体温を逃がさない
●人間の臓器を固定し安定させる
●衝撃緩和材として、外部の衝撃から体を守る
などの働きがあります。

エネルギー貯蔵庫としての役割もあります。
体内の余分な脂質、糖質、たんぱく質は、中性脂肪になり、必要に応じて脂肪酸になります。
エネルギーとして代用されます。

一方、コレステロールは。

細胞の膜を作る原料になります。
副腎皮質ホルモンと性ホルモンの原料、胆汁酸の原料になるものです。

中性脂肪の役割と、大きく異なります。

コレステロールの中でも、悪玉コレステロールと呼ばれるLDL。
細胞膜やホルモンの原料になります。
生きていくためには、必要なものです。

が、増え過ぎた場合は、中性脂肪と同様です。
動脈硬化の原因となります。

中性脂肪とコレステロール。

血液中で過剰になると、高脂血症となり、動脈硬化を促進します。
と共に、糖尿病や高尿酸血症、膵炎などを引き起こします。

狭心症や心筋梗塞などを発症する可能性もあります。

中性脂肪とコレステロールはどちらにも、体にとって重要な役割があります。
ですが、健康診断などで、これらの数値に異常が見られた時は、要注意です。
早急に、改善に努めましょう。

テーマ : 脱メタボ! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

中性脂肪とは

中性脂肪とは、体内に蓄積された脂肪です。

必要以上に摂取された炭水化物や糖分、脂肪分。
これらが体内に蓄積され、できた脂肪が中性脂肪です。

中性脂肪にも、役割があります。

体温を一定に保つ働きをします。
外部の衝撃から臓器を守る、クッションの役割をします。
また、体を動かすエネルギー源としても機能します。

中性脂肪は、体に必要な栄養素です。
すべてが “害” というわけではありません。

ただ、過剰な摂取は肥満の原因になります。

炭水化物やアルコールなどを過剰に摂取すると、中性脂肪が増加します。
皮下脂肪として蓄積されます。
肥満の原因です。

中性脂肪は、体内にエネルギーを貯めておく貯蔵庫です。
皮下脂肪の大半が、中性脂肪です。

中性脂肪は、肝臓でつくられます。
食べ過ぎで過剰に摂取された糖質が原料です。
これらの原料をもとに、肝臓でつくられます。

アルコールの摂取でも、中性脂肪の合成が促進されます。

飲酒するとき、いっしょに酒の肴を食べることが多いと思います。
酒の肴には、脂っこいものが、たくさんあります。
中性脂肪を蓄積するのに、うってつけの好条件がそろっています。

大食漢で、お酒の量も多い。
そんな場合は、量を減らすように意識することが大切です。
摂取した分、消費することも重要です。

バランスよく食べ、適度な運動をする。
当たり前のようですが、これを心がけないと、中性脂肪が大型貯蔵庫になってしまいます。

高齢になると、代謝も衰え、中性脂肪が蓄積されやすくなります。
中性脂肪は、内臓に付着すると、いろんな臓器の障害を引き起こす可能性もあります。
男性は30代、女性では40代あたりから、特に気をつける必要がありそうです。

中性脂肪は、一度過剰に蓄積すると、消費するために、かなりの労力が必要です。
しっかり消費できればいいんですが、慢性的な運動不足の人がほとんどです。

消費する方法を考える前に、「できるだけ余分には貯めこまない」ことを考えるといいでしょう。

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。